FC2ブログ
毒ガス警報発令中!!
DA17V 新型エブリィ カスタマイズ日記 その2
2015-04-29 Wed 22:13
すいません、今回のカスタマイズは完全なるパクリです。
ひと月ほど前、「DA17V」でググってて、たまたま行き着いたブログ。
この記事見て、単純に「俺もこれやろう」とか思ってしまった。
エブリィーDA17V、その後の計画着々と…
そうです。
ドアノブをワゴン用のZJ3色塗装のパーツに交換しました。
もともと黒の車体なんで、黒のプラスチックのドアノブでも言うほどは気にならなかったんですが、やっぱりどこか安物くさい。
せめてJOINターボクラスには共色のパーツつけて下さいよ、SUZUKIさん。
金のこというとイヤらしいけどさ、軽バンに車体価格143万も出してるんですぜ。
商用車だからって手ぇ抜きすぎじゃね?
ま、いいや(笑

旧華子号の時はドアのノブの形状が全然違ったんで、全然この発想はなかった。
で、前にも書いたが、どちらかというとDA64Vのドアの取っ手のほうが好き。
まぁ、でも付け替えて自己満レベルで、見た目スッキリとしました。
ってか、本人くらいしか違いが分からんと思う。
多分、他のDA17Vの持ち主やSUZUKIの社員でも気が付かんわ、きっと。

このブログのオーナーさんのDA17Vはシルバーメタなんで、さらにスッキリと見えますねぇ。
で、このオーナーさんがスゴイのは自分でやっちゃうとこ。
俺なんかハナからチャレンジしようとか思わんもんね。
もちろん行きつけの車屋さんでやって頂きました。

ほんで、このブログ読んでてためになったのが、上級モデルと下級モデルのパーツの違い。
上級モデルはリクエストキー(他社でいうスマートキー?)ってのが装備されてる。
で、こいつはNG。
取り寄せるのは下級グレード用のパーツ。
安くですんだけどね。
ただ、これもこのブログで教わったことなんだけど、リヤのハッチバック様のドアのハンドルは、ワゴン用はすべてこのいらんもんがついてる。
で、かわりにワゴンRの最下級グレードのパーツを取り寄せ、装着。
このブログのオーナーさん、本当に貴重な情報をありがとうございました。

DSCN0076.jpg

DSCN0081.jpg

DSCN0080.jpg

DSCN0079.jpg

DSCN0075.jpg

続いて、同じブログの別記事からもういっちょパクっちゃいました。
これもDA64Vのときからまったくノーマークで、この記事見た時には目からウロコが。
いや、大袈裟ではなく、この部分のワゴンとバンの違いなんか全然知らんかったとです。

DSCN0078.jpg

DSCN0082.jpg

リヤのドアのむき出しだったレールをワゴン用のカバーで半分ほど隠してしまいました。
">エブリィーDA17V、その後の計画着々と…その2

これも、このオーナーさん、自分でやっておられます。
すごいですねぇ。
ただ、このオーナーさんは取り付けクリップを一つ残し、あとは両面テープで着けておられるんですが、俺は洗車機を通すことが多いため、ボディーに穴を穿って5個ともクリップを使った。
若干お高くつきましたが、これのほうが洗車時にヒヤヒヤしなくていいかなと。

かかった費用は・・・パーツが全部で31,100円、工賃が25,410円(ともに税別)。
ちと贅沢なドレスアップだが、かなりいい感じです。
もちろん完全自己満の世界ですが(笑

さて、次の日記こそ車高調入れてダウンした姿を披露したいと思っております。
別窓 | 愛車改造日記 | コメント:10 | トラックバック:0
エブリィ DA17V カスタマイズ日記
2015-04-05 Sun 10:18
購入記事は先日アップさせて頂きましたが、今回は画像添付で初のお披露目です。
まずはざっくりと外っ面を。
なお、購入車はJOINターボ・4WDです。
DSCN0046.jpg
運転席には華子が・・・。

下から仰ぐと
DSCN0047.jpg

横っ面はこんな感じ。
DSCN0063.jpg

後ろ姿は
DSCN0056.jpg

★コンセプトはマイナスの美学

カスタマイズにはいろいろと着けちゃう改造と、不要なものはドンドン差っ引いちゃう改造があるが、俺は後者をオシャレに垢抜けた感じでやりたいタイプです。
例えばエンブレムレスなんぞは基本中の基本。
車名や社名を不要って言っちゃうとメーカーには失礼だが、そういうもんは一切新車時に取っちゃう。
旧華子号もそうだったが、フロントガラスの車検やら定期整備の張り紙も取っちゃいます。
これって違法なんだか合法なんだかよく分からん。
よく、足回りやテールなんかをいかつくいじってて、パッとリヤウィンドウ見ると、隅っこに楕円の緑やら青やらのシールが貼りっぱになってたり。
あれってメッチャ勿体ないしカッコ悪い。
俺なんか納車時貼ってあるのも許せんかったもんな。
トヨタなんかは金属ロゴマーク貼ってあるとこって丸く凹んでるっしょ?
あれつらいよね~。
ツレ(エスティマ)なんか、ロゴマーク取った後、パテ埋めして塗装しなおしてるもんな。
金かかるんだわ、エンブレムレスも。
それに比べりゃ、エブリィは楽ちん。
スズキのマークやエブリィのシールもドライヤーで温めておいて剥がします。
これで前も後ろもスッキリ。
但し、カテゴリーが貨物なんで最大積載量のシールを剥がすのは違法。
もちろん俺は剥がしてるが、車検の時だけ貼ります(笑
プラスしたのはリヤウィンドウに、俺が崇拝する世界一のアイウェア(サングラスやゴーグル)メーカーのオークリーのロゴステッカーだけで、旧華子号は上に貼ってたんで、今回は下に貼ってみました。
飽きたら今度はど真ん中に貼ってみようかな。

あとリヤワイパーもいらね。
これもツレはパテ埋めしてたけど、今はまだその余力なし。
でも、これだけでもけっこうスッキリします。
DSCN0066.jpg

★ラジエーターグリル一体型バンパー

今回一番力が入ったのがこれ。
これもコンセプト通りで、格子がブサイクなんで取っちゃいました。
旧華子号では自分でやってかなりダサイことになってたんで、今回は金に糸目を付けず、ファクトリーでやってもらいました。
納車されてから改造するとなるとまた、10日間ほど車に乗れなくなるので、なんと今回は新車発売と同時に未塗装のバンパーをスズキに発注。
じっくり、ゆっくりやってもらった。
どうやって切ったかは知らないが、切ったあとパテ埋めして磨いて塗装。
裏からは真っ赤にアクリル塗装したエキスパンドメタルを張ってもらった。
出来上がりを見て感動。
完璧です。
これぞ究極のワン・オフ!
現在はまだ日本で一台のエブリィでしょう。
この日本で一台というのが、ジジィの下らない自己顕示欲をくすぐるんだなぁ。
DSCN0048.jpg
ワッシャー液の容器が真っ白でブサイクに目立つんで今度黒に塗ることにしよう。
お値段はバンパー代、工賃込みで9万4千円です!
グリルごときにちょっとかけ過ぎと反省。

★タイヤ&ホイール
次に力入れたんがココ。
購入はマルゼン。
が、17インチで気に入ったホイールは皆無だった。
で、ぎりぎり許せる程度の形状のを買って全塗することに。
これもバンパー同様、周りからアホやバカとボロクソ言われました(笑
どこに新品のホイール金かけて全塗するやつがおんねんと。
DSCN0057.jpg
そうです。
センターキャップ以外はマットブラック(艶消しの黒)に全塗装しちゃいました。
買ったときはこれ。
01_003086_00_09_02385_#_#_000_00
このつやがある黒とリムのポリッシュがともに俺の中ではNG.
こちらのお値段は、込み込みで11万円。
ちなみにホイール塗装は知りあいの知りあいのファクトリーにて一本13,200円。

が、タイヤが・・・。
こちらはちとやり過ぎたかなってのが今の気持ち。
扁平35ってのが予想以上に薄すぎ。
DSCN0059.jpg
路面とホイールの間が1センチちょい。
先日既に、門真のラーメン屋入る際、ちょっと高めの縁石でガリッと・・・。
けっこうスピードゆるめて、大回りした角度で入ったつもりだったのだが、それでも1センチほどのガリ傷つけてしもた。
車内に響くあの嫌な音、ぞっとしまっせ。

★音に奥行きを
旧華子号では前部ドアのスピーカーだけを替えてたんですが、今回は6スピーカーに。
前部ドアとインパネ上と後部アシストグリップにそれぞれつけました。
DSCN0041.jpg
これ、ツイーターと言いますが、立派に音、出てます。
DSCN0042.jpg
今回、ここにスピーカーをつけたことによって、音に奥行きというか、立体感が出ました。
納車当初は自分で作ったMIXを聴いてたけど、最近は気分を変えてラグジュアリーなJazzy House Mixなどを。
車が全然ラグジュアリーやないんやけどね(笑

★優れものカーナビ

DSCN0039.jpg
今回も旧華子号と同じく富士通のイクリプスを選びました。
AVN-SZ04iW
これ、グローブボックスに設置した通信ユニットで、なんと!毎月自動更新。
約3年間は無料。
さらには、音楽はCDやDVDはもちろん、SDカード(最高32GB)まで対応。
これって、もうどうしよう??っていうくらい便利(笑
市販やレンタルの普通のCDを普通に聴く人にはそうでもないが、俺のように自分で作ったMIXを車でも聴きたいとなると、とんでもなくいい感じ。
というのも、自室のDJブースで製作した音楽ファイルをナビやカーステで聴こうとしたときは、必ずCDやDVDなどのメディアに焼き直してからでないと、聴けなかった。
これがSDカードにコピペしてそのまま聴けるとなるとメチャクチャ嬉しい。
が、前にも書いたが、とんでもない時代になったよなぁ。
先日も同世代と話してたのだが、若かりし頃は、メディアはすべて磁気テープ。
夏はすぐにウニャウニャに伸びるし、録音時間は最高でも120分。
レコードやCDから直接落としても、音質劣化は歴然だったし、ダビングなんてとても聴けた代物ではなかった。
録音時間も演奏時間と同じだけかかるし、テープの切れ目近くになると入るかどうか、ハラハラドキドキの連続でしたよ。
それが今はどうよ。
32GBなんて、mp3とかのデータだったら、一生かかっても聴ききれない曲数が入るし、それだけ録音するのだって半日もかからない。
さらに言うなれば、録音って言葉も実感がなくなった。
PC上でチョチョッとマウスいじって、コピー&ペーストするか、ドラグ&ドロップするか。
日進月歩とはよく言うが、進歩し過ぎじゃ!!・・・と嬉しいツッコミ。

今回、軽貨物のクセに7インチのワイドがバッチリ収まりましたよ。
で、今回はフルセグの地デジチューナーなんで、やっぱキレイですわ、TV。
つっても、ほとんどTV見ないんやけどね。
仕事帰りのプロ野球中継くらいか。
それも老眼鏡かけんとまともに見れんから(笑
お値段は、価格ドットコムにて8万2千円。
こちらも納車前の装着なんで工賃ただでした。

★光り物はすべて社外

まず一番大事なヘッドライトですが、これはもちろんHID。
55ワットの8000ケルビン。
この手の車にしては珍しく光軸調整がついてるんですが、それは一番あげてます。
ゆえによくパッシングされます(笑
ハイビームはもちろんのこと、ローでも直視できないくらい眩しく明るいです。
光商事のバルブです。
その下のポジは高輝度LED。
指示器は、ハイフラ防止の抵抗が間に合わず、ピアスポーツのステルス球を使用。
それでもまだ若干反射板にオレンジ色が。
このオレンジ色が許せないため、ゆくゆくはLEDに替えることに。
DSCN0052.jpg

続いてテール。
これはなんと、フルモデルチェンジにもかかわらず、旧エブリィ、DA64Vと同じテールを使ってます。
ゆえに、REIZさんのオールLEDテールを納車前に装着することが出来ました。
件の製品はお気に入りだったんで、助かったというのが本音ですわ。
DSCN0068.jpg

ハイマウントもREIZさんで調達。
こちらはハスラーやワゴンRの一部のハイマウントの使い回しだったんで、これも納車前に装着することが出来た。
スモールを点けると赤色のライトバーが常時点灯。
ブレーキを踏むとライトバーが消え、8発の高輝度赤色LEDが点灯する。
・・・だったかな?
DSCN0064.jpg

あと、ライセンス球、ルームライトともに高輝度LEDに交換済み。
特にルームライトはメチャクチャ明るくなりまっせ、LEDは。
バンなんで前後2か所についてるんですが、2千数百円でこの明るさなら、今ノーマルの人は絶対付け替えるべき。

★ステアリングは3度目の正直ならず
こちらも前車同様、自分で編むタイプのステアリングカバーを世界皮革さんから購入。
ところが握りの外周の寸法を長めに間違えてしまったため、編むには編んだがしわだらけでとても握れる代物では。
再度発注して編んでみたが、赤色の皮が分厚く、最後のほうにしわ寄せがきて気に入らない。
翌週の休み、もう一度糸をばらして3度目のチャレンジ。
が、幾分かはマシにはなったものの、いまだ気に入らない。
今回、色の配分を若干変えたのが災いしたんかな。
前車の時がとても上手くいったんで、ちと悔しい。
でも、これほんとかなりの根気と時間が必要です。
DSCN0038.jpg

★その他、標準装備など
今回の計器類がカッコいいですねー。
とは言っても、前車同様、JOINターボのみのメーターになります。
前車もターボ車しかタコメーターが付いてませんでした。
DSCN0037.jpg
下のほう、静電気で華子の抜け毛が・・・(笑
もはや軽貨物のメーターではござんせんな。
偉そうです。
で、これにはエコドライブ・アシストなるものがついてるんです。
俺も乗り出して、二日目にやっと気が付いて、慌てて調べてみた(笑
スピードメーターの周りの青色が変わるんですわ。
エコドライブ中はきれいなグリーンで、ちょっと踏み込むとブルーに。
これ、はっきり言って邪魔ですわ。
気になって仕方ないもんな。
こういうの各車につきだしてるみたいだけど、これを気にして、必要以上にノロノロ運転が増え、逆に危ない。
特に中高年や女性ドライバー。
それでなくても、昨今の阿呆ドライバーは常識がなく、流れ無視して右車線をマイペースでゆっくり走るから流れ重視のこちらとしては本当に走りづらいし、危ない。
無謀な出し過ぎはもちろんよくないが、ゆっくり走れば安全ということも一概には言えないのだ。
場所や道路状況によって走り方を変えることが大事で、過度なゆっくり運転は逆に事故を誘発する場合がある。
話が逸れてもうた(笑

で、無事故祈願のお守りは、もちろんコンサバじじぃの俺のこと、靖国さんのお守りです。
前車も靖国さんのお守りのおかげで「もうあかん!」というような事故必至の危機を2度ほど回避できました。
DSCN0045.jpg

★早く出ろ出ろ!
そして、一番大事な改造がまだなんです。
そう、車高調。
前車はRS-RさんのTi2000のスパーダウンサスでしたが、思いのほか下がらなかったのと、今回17にインチアップした(前車は16インチ)ため、かなり下げなくては逆にブサイクになると思ったから。
一応RS-RさんにはDA17Wのほうが入庫されてるんで、開発中と思われる。
多分、いや絶対供用できるはずなんで。
頼むから早く発売して~~。
今はフェンダーとタイヤの間が開きすぎで、はしってても恥ずかしいっす。

あとはウィンカーミラー。
こちらはREIZさんの製作待ち。
前車同様、白色ライトバーポジ常時点灯のやつをつけるつもりです。
それらが相成りましたら、第一次カスタマイズが終了です。
そのときはまた、記事アップさせて頂きます。



別窓 | 愛車改造日記 | コメント:9 | トラックバック:0
新車納車!
2015-03-08 Sun 11:49
故あって、5年半乗った愛車「華子号」を売っちゃいました。
ペット車としてマイナス評価ながらも、シンプルなカスタマイズがプラス評価され、売値は40万ほど。
よその査定や専門家の話からするとこれでもめっちゃいい評価らしい。
事の発端は、今年の正月に、メンテやカスタマイズで長年世話になってる車屋さんにお年賀を持って行った時のこと。
ちなみに旧華子号もそこで購入した。
で、その時に奈良スズキの営業マンも来ていて、その彼がぽろっと洩らしてしまった。
「エブリィがもうじきフルモデルチェンジ」と。
ここでジジィの子供のような悪い癖が。
で、旧華子号には何の不満も無かったが、やっぱり新型の新車乗りたいよねぇってことで、二日後その車屋さんに走り購入の意思を伝えた。
とは言っても、発売の日時どころか、発表の時期も決まってない段階。
もちろんスタイリングフォルムなんかは謎の謎。
でも、他のエブリィファン、というかエブリィフリークより早く乗りたいという下らない自己顕示欲で購入を最終決定。
前回は頭金なしの60回ローンで、じつに30万円の利息を払った。
で、今回はその利息を改造費に回したほうが得だと思い(当たり前)、キャッシュで。

購入を決めると、旧華子号を一日でも早く売らないと査定額が下がる。
てんで、まだ新車のスタイルも分からない状態で売ってしまいました。
向こう見ずというかアホというか。
で、旧華子号、税込み65万円で秒殺。
店頭に並んで約二日でSoldOutの看板が。
自分のカスタマイズが気に入ってもらえたようで嬉しい感じ。
可愛がってもらえれば。

長い代車生活の末、やっと2月18日に発売。
代車も華子を乗せたいがためバンタイプを希望。
普通車ではトイレが置けないため。
で貸してもらったのが古~いエブリィバン。
5速MTだわ、ナビどころかCDプレーヤーもないわ、窓は手動だわ、キーレスやETCももちろんついてないわ、挙句アームレストも無いわで究極のストレスを感じる車だった。
が、納車時の喜びと安堵感を感じるためには、こんな車のほうがいいのだと思直し、40日間粛々と乗った。

そしてやっと昨日俺のほうに納車。
車屋さんには一週間前にスズキ自販のほうから納車されてたのだが、山盛りのパーツ交換や軽いカスタマイズにこれまた一週間かかった。
フルモデルチェンジというには・・・
joint_ZJ3.jpg
なんかせこいマイナーチェンジって感じ。
気に入らない部分のほうが多い。
まずは運転席および助手席のドアの窓の部分の形状。
まっすぐのほうが絶対いい。
これは助手席側のドアミラー下部についたアンダーミラーの視野の確保というところか。
実際乗ってみたが、アンダーミラー、いらね~。
ドアノブも横横が気に入ってたのに、今回は横縦。
ドアの切れ込みもドアノブもすーと目が流れないじゃん!
前車より更にカクカクしたフォルム
ほんでテールランプを始め、いくつものパーツが前車の使い回し。
このテールに関しては最初っから社外のオールLEDクリアレンズのテールが組み込めたんでラッキー。
そのくせハイマウントは他車の使い回し。
ゆえに社外パーツは最初っからあるが、形状は前車のやつが良かった。

買ったのは最上級モデルのJOINターボ・4WD。
前回2駆にケチってのちに後悔したから。
4駆ってのは、雨の日の走行安定性が違う。

そして納車前に着けたおよび交換したパーツは、
カーナビ/スピーカー×6/ETC/フロント・LEDポジ/フロント・LEDウィンカー球/純正シートカバー/LEDハイマウントストップランプ・ライポジ付/オールLEDクリアレンズテールランプ/LEDライセンス球/ホーンはアルファホーンが爆発的に売れたミツバのエアバレットに交換/編み込みステアリングカバーなどなど。
あとはメーカーや車名のエンブレムを全部引っぺがし、完全なノーエンブレム車に。
リアワイパーも納車前に取っちゃいました。
パテ埋めが大変なんでモーターはそのまま残してますがね。
フィルムは最高に黒いヤツ。
これ格好つけてるけど、夜間の車庫入れやスーパーのパーキングが大変(笑

足回りは、ホイルを17インチにアップ。
昔のクラウンとかが15インチだったことを思えば、軽で17って。
そのホイルは新品のまま、別の専門ファクトリーに塗装に出した。
気に入ったホイルが無かったため、色だけでもと思い塗装することにした。
本当は剥がれない粉末(パウダー)塗装にしたかったが、これは一本約4万と手が出ず。
アクリル塗装にしたが、それでも別途一本につき1万5千円かかる。
でも今回、妥協は極力したくないんでGo!
頼んだ色はマットブラック一色。
海外では流行り出してるが、日本ではまだまだほとんど履いた車がない。
マイノリティが信条のオッサンなんで(笑
だが、納車には間に合わず。

タイヤは扁平35。
これけっこうヤバイ。
ペラペラを通り越してる厚み。
真横から見たら、多分2センチ無い感じ。
乗り心地の悪さにめげて、40に替えるかも。
ちなみに本日仕上がってくる予定。

あと、普通のユーザーが聞けば信じられないだろうが、同時に未塗装のフロントバンパーをもう一枚購入。
これも改造のため。
グリルの格子を全部切り取ってパテで修正し、ZJ3色に全塗。
裏から真っ赤にアクリル塗装したエキスパンドメタルを装着してもらう。
前車は自分でやったが、今回は完璧を期すため職人さんに。
予算なんと10以上!
はっきり言ってアホです。

残りは車高調とウィンカードアミラー・ライポジVerが発売されるのを待つばかり。
17インチにインチアップしてノーマル車高じゃ、かっこ悪くて堪らない。
前車はスーパーダウンサスだったが、今回はタイヤにかぶせるくらい落としたいんで車高調に。
トップメーカーのRS-Rにしようと思ってるが、サスや車高調は専用設計なんで、しばらく待たないといけない。

ウィンカーミラーも旧華子号につけてた、ライトバーポジション・ウェルカムライト付ってやつが非常にお気に入りだったんで発売を心待ちにしている。
頭に描いてるカスタマイズがすべて相成ったところで、画像をお披露目したいと思います。
取り敢えず渋く、シンプルにいきたいですね。
決してDQNには見えないように(笑



別窓 | 愛車改造日記 | コメント:0 | トラックバック:0
続)DA64V 改造日記
2013-08-23 Fri 15:08
車検のついでに、またまた車をいじってしまいました。

DA64V-e.jpg


月日が経つのは早いものってよく言うけど、ホンマに4年なんてアッっちゅうまやね。
いつまでも新車のつもりで乗ってたけど、なんのなんの早くも2度目の車検ですわ。
で、無事パスしたあとに、スーパーダウンサスを入れてみた。
これ、車検非対応ってメーカーHPに書いてあったんで、念のため車検終了してから装着。
それまでもダウンサスは入れてたのだが、16インチにインチアップしてから、ヨンマルのタイヤとフェンダーの間がやけに開いてるなぁ、ブサイクやなぁと思ってた。
それで、サス代や工賃は痛いが、えいっとばかりに換えてしまった。

メーカーはRS-Rで、今回はチタニウム製。
まえのやつも同じくRS-Rだったのだが、ヘタリ3年or3万キロ保証。
が、今回購入した2000Tiはヘタリ永久保証!
多分、サスがへたるより早くショックアブソーバが逝ってまうやろな。

しかし入れてみると、その名に反して全然スーパーダウンではない。
もちろんノーマルには見えないが、落ちた感がイマイチ物足りない。
ところが路面に這いつくばって見てみると、ミッションのボックスがけっこうヤバイ。
ボディーの最下ラインよりも下にある。
こいつのおかげで、いわゆる最低地上高が守れていないってやつ。
次回の車検でまた入れ換え×2かと思うとちと気が滅入った。
面倒な作業はもちろん車屋さんにおまかせだが、その分出費が痛い。

で、まぁ、こんな感じに。

DA64V-a.jpg DA64V-b.jpg DA64V-c.jpg DA64V-d.jpg


これで一旦改造は終了です。
派手なエアロや照明類は着けずに、ノーマルテイストを守りながら、実はノーマルとは全然差があるというコンセプトでいじってきたので、これ以上やっちゃうとちとイヤらしくなっちゃうかなと。
ノーマルからの改造箇所を挙げてみると・・・

★タイヤ&ホイル;165/40/16(YOKOHAMA)&社外16インチ、5,5J
★サスペンション;RS-R 2000Ti スーパーダウンサス
★ヘッドライト;HID 8,000ケルビン
★ポジション球;LED 5W単発
★ドアミラー;社外ウィンカーミラー(夜間白光常時点灯)
★クラクション;フェラーリ純正ホーン
★テールランプ;社外オールLED64発、クリアレンズ
★ハイマウントストップランプ;社外LED8発 クリアレンズ
★サイドマーカー;社外LED3発 スモークレンズ

そしてノーマルと大きく違うのがフロントグリル。
格子をすべて取り除き、赤に塗装したエキスパンドメタルを裏から装着。
但し、プロの仕事ではないので、停まってるときによ~く見られると恥ずかしいです(笑

あとはステアリングに本革の編み込みタイプのカバーをつけてるくらいですか。
これ、みんなが着けてる、あの太いハンドルカバーと違い、中々いい感じで結構気に入ってます。
DA64V-f.jpg
画像の手前に写ってるのが、そのカバーと華子のお尻です。
で、これは改造とは全然言えんけど、助手席の前には制動時の華子滑落防止に保冷コンテナとタイガースの座布団が詰めてあります。

さてさて、恥ずかしながら長いローンを組んじゃってたんですが、それもあと1年、来年の夏で終わります。
で、ローンが終わったらちょっと金のかかる改造をしようかと。
後ろのドア、いわゆるハッチバックについてるワイパーを取ろうと思ってます。
それで、みんなが着けてるような代用部品をつけるんじゃなくて、なにも無かったようにパテ埋めして塗装しようかと。
ついでにウォッシャー液射出口とキーホールも取っ払って、パテ埋めしちゃいます。
まだ見積もりだしてないけど、塗装も含めると結構かかりそうです。

いやぁしかし、こんなちっちゃな車でもいじりだしたらキリおまへんな。
いつになったらこれでええわと満足出来るやら・・・。



別窓 | 愛車改造日記 | コメント:0 | トラックバック:0
DA64V 改造日記
2013-06-03 Mon 15:31
相も懲りずにしこしこと、愛車エブリィバン-DA64V-の改造にいそしんでおります。
今回は車屋さん、いわゆるプロの手を借りずに、同僚の友人とその息子を引きずり込み、アナログチックでドシロート風改造を施しました。

前々から顔には物足りなさを感じてたんですわ。
納車直後には中央のエンブレムを剥がしてたんで、他のノーマル・エブリィとは微妙に雰囲気は違うのだが、それでも全然物足りない。
かといって社外の全然違うグリル付けるんも、コストが・・・。
また、エアロパーツもいささかガキっぽい。
ということで、お金をかけずにオリジナリティーを出し、且つ走ってるとちと目立つみたいな、ほんとにこしゃい(こしゃい=細かいとか小さいの意味の関西弁)改造を今回はしてみました。

で、こうなりました!
DA64V01.jpg DA64V02.jpg DA64V04.jpg

バンパー一体型のラジエーターグリルの格子のプラスティックを全部切っちゃいました!
そして裏から赤に塗装したエキスパンドメタルを貼りつけただけで、顔がコロっと変わってしまいましたよ。
しかし、文字にするとたった一行ですが、ほぼ1日がかり。
それも、試行錯誤と失敗失敗の繰り返し。
プランはあったものの、蓋を開ければ行き当たりばったり。

まずはエキスパンドメタルを探したのだが、ホームセンターや金物屋では全く売っていない。
楽天のオンラインショップでも、売ってはいるが大きさが全然足りん。
で、ネットで調べて、大阪の中央区にあるエキスパンドやパンチングメタルの専門の会社までひとっ走り。
意外と安いんですよね。
7mm×14mmのマス目で1m×2mが3千円ほど。
材質はアルミ。
ステンレス製のほうが若干重厚感があっていいかなと思ったのだが、フロントグリルには必ずアールがついているので剛性の強いステンは向かないとのこと。
聞くと、カーショップやドレスアップ工房みたいなとこがよく買いに来るらしい。

で、これを中性洗剤3回ほどしつこく洗って、さらにパーツクリーナーで油取り。
ヒモで吊るしてスプレー噴くこと、これまた3回。
上中下と3枚に切り分け、次の工程へ。
これが一番の難敵のグリルの格子。
材質は多分ポリプロピレン(PP)かもしくはABS。
最初は糸のこでという計画だったが、切りカスの粉が大量に出そうだし、第一バンパーがキズだらけになりそう。
純正色の補修塗料は用意してるものの、なんてったってシロートですから。
そこで用意したのがホットナイフ。
ハンダごてのさきがカーッターナイフになってて、熱で溶かしながら切るってシロモノ。

これが大失敗!!!
昔の人は仰った。
下手な考え休むに似たり、と。
マジで布団の中で休みながら思い浮かんだんですけどね(笑
グッドアイデアだと思ったんだけどねぇ。
飛び起きてすぐにググったら、ほ~らあるじゃありませんか。
値段も1500円ほどとお手頃。
これで上手くいきゃあ、切り株にサンドペーパーもかけなくていいかも。

ほんで決行!
でもね、ラジエーターグリルってけっこう複雑な形状なんですよね。
で、ホットナイフの刃の付け根は太いから、溶かしちゃいけないところにも触れる、触れる。
挙句、気付かないうちに一番触れちゃいけない前面中央当たりのバンパーの一部を大きく溶かしてしまった。
もちろんゴボっと凹んで、塗装も剥げて、そこだけ真っ白。
頭も真っ白。
目は限りなく点・・・・・。

その時点で、もう1枚新しくバンパー買う覚悟で開き直りました。
だいたい、俺は現在プラスチックの専門家なんすよね。
えいっと大き目のプラスチックニッパーでゼロカット!(ニッパーの刃を切断面に接着させて切り残しをなくす切り方)
ただし切り痕は・・・・・。
プロショップならグラインダーかサンドペーパーで削った後、パテ打って塗装となるんでしょうが、なんせシロート集団ですから。

ここでグリルバンパーを外すんですが、これまた手間なことこの上なし。
最初はネットをタッピングビスか何かでネジ留めするつもりだったのだが、ネジ打つ場所皆無・・・。
仕方がないんで地面と平行な部分に手作りのL型のステーを取り付け、そのステーの穴とエキスパンドをインシュロックで括りつけてしまった。
うーーん、荒っぽい。
全部で20数本のインシュロックで固定。
劣化を考えると1年後にはまたバンパーを外してみなければ。

あとはバンパーを元通りに取り付け、格子の切り痕に補修塗料を乗せて終了。
工賃がわりに近所のレストランでランチを奢り、お開き。
朝8時開始で、もう夕方ですよ。

年寄りらしくスマートな改造を目指してたつもりなんですが、今回でえらくスポーティーでガキっぽくなってしまった。
ホイルやステアリングのように、黒×赤がコンセプトなんでグリルも赤くしたのだが、こうやって見るとうーーーん、イマイチか?
ま、しばらくはこれで走ってみまっさ。
次回改造予定は8月の車検終了直後です。
今入れてるRS-Rのダウンサスを外して、同じくRS-Rの2000Tiのスーパーダウンサスを装着しようかと思っている。
そのほうが16インチ・ヨンマルのタイヤが映えそう。

ではまた報告させてもらいますわ。



別窓 | 愛車改造日記 | コメント:0 | トラックバック:0
またまたちょこっと車をいじってみた
2013-04-27 Sat 22:05
またまた自分の欲望と下らない自己顕示欲に勝てずに、散財してしまった。
職場用の安物パソコンも中々買えないでいるというのに、こういうもんは我慢が出来んっちゅうのも困ったもんですわ。
しかし今回の改造パーツは見た目の割には値が張った。
京都の人間らしく清水さんの舞台からバンジージャンプしたつもりでえいっ!と買ってしまった。

前回の改造時の画像
 ↓↓↓↓
ク

で、今回こうなりました。
 ↓↓↓↓
0005.jpg
0004.jpg
え?どこがちゃうねんと?
そうですねん、ほんまに小ぶりな改造でね。
でも、念願のパーツです。
 ↓↓↓↓
0003.jpg
そうです、ウィンカーミラーに換えました。
もちろん社外です。
っていうかエブリィはワゴンも含めて純正が無いんです。
だからこそ、無理して小遣いはたいてしまったのだ。
前回も書いたが、誰も着けてないってのが小さな小さな優越感をくすぐるのだ。

で、このウィンカーミラー、ちょっと凝ってる。
いまどきは3台か4台に1台はウィンカーミラーが装着されてる。
しかしほとんどはオレンジのウィンカーが点滅するだけ。
今回俺が購入したのはこんな感じ。
 ↓↓↓↓
0001.jpg 0002.jpg
実は白光ポジ付のウィンカーミラーです。
底面にはフットランプ(ウェルカムランプと言うらしい)が着いていて、ルームライトとシンクロしている。
ちょっとわかりにくい夜の画像ですが、けっこう派手に光ります。
ちなみに画像はヘッドライト点燈しておりません。
今回スモールも高輝度LEDのポジション球に交換。
HIDほどは明るくないけど、そこそこ眩しく、ええ感じです。
ついでにサイドマーカーもLEDのスモークレンズに交換しました。
本当はパテ埋めして塗装したいんだけど、お金なんぼあっても足らんのでねぇ。

今回の改造費は、ポジ球・サイドマーカー・ウィンカーミラー3点で3万3千円。
痛かったのは工賃1万4500円・・・。
フェンダーやバンパーは勿論のこと、ドアや室内キャビ、インパネ、ナビもすべて取り外してバラバラの大ごとだったのでやむなしです。

これで最終形かというとさにあらず。
次回はお盆明けの車検終了と同時に、現在入っているRS-RのダウンサスをRS-R2000Tiのスーパーダウンサスに交換しようと計画中。
これも工賃込みで約5万円の大散財。
ってことで明日からお茶漬けとインスタントラーメンの生活に突入!
別窓 | 愛車改造日記 | コメント:0 | トラックバック:0
ちょっと車をいじってみた
2012-10-28 Sun 10:51
相変わらずご無沙汰しております。
生きてるんやったら、も少しまめに更新せい!と叱られております。
はい、華子ともども何とか生きております。

華子号

久々に車をいじってみました。
まぁ貧乏してるんで小幅にね。

まずはテールランプとハイマウントストップランプを社外の、オールクリアレンズLEDに付け替え。

ウ エ オ

いやいや、これが思ってた以上に黒の車体に合ってて、なんかかっこいいじゃんと自画自賛。
工賃込みで4万5千円はちとイタいけどね。
片側32発のLEDテールランプと8発のハイマウントストップランプはなかなかのもの。
ノーマルがともに赤のレンズなだけにオールクリアはけっこうオシャレです。
エブリィバンは腐るほど走っているが、このテールにに付け替えてる車は未だかつて見たことがない。
非常にレベルの低い自己顕示欲ではあるが、車好きにはこの誰もやってねぇってのが堪らないのだ。

エブリィのかっこいいオリジナルパーツはここ
オークションストアなんだけど、ほとんどの商品には即落価格がついているんで話は早い。
なお、エブリィに限らずいろんな車のパーツがあります。


続いてタイヤとホイル。

カ キ

新車で買った時に社外の15インチ、扁平50をつけてたのだが、先日、右の前と後ろのサイドがワイヤ切れ。
まぁワイヤ切れは別として前々からインチ数も扁平率もなんや中途半端やなぁと思ってた。
で、今回いい機会なんで思いきって16インチ、扁平40を購入。
しかしどこ探しても、これや!って感じのグッとくる製品がない。
ほんで前々からBMWのマットブラックのホイルカッコええなぁと思ってたんで、それに近い奴をチョイス。
が、レッドリボンと赤のセンターキャップが安物くさくてちょっと躊躇。
納期まで若干あったんでショップとメーカーに掛け合ってみたが、言下にダメですの答(笑
そりゃそうだわな。
スタッフはそのデザインで一生懸命企画して売ってんだもんな。
そういえば、新車で買うんだからとスズキにエンブレムレスで納車してくれって頼んだけど、これもダメだったもんな。
結局販売店で全部剥がしてもらったけど。
しっかし、40ってペラッペラやな。
キャッツアイや縁石踏んだら即アウト・・・・らしい。
余裕を持ってゆっくり走れってことやね(無理)。
韓国製のタイヤ(クムホ)と組むと1万5千円ほど安かったので最後の最後まで悩んだが、そこはやはり国粋主義者・韓国大嫌いのオヤジ、国産(と言っても、ブリジストンは高すぎて手が出なかった)のヨコハマを買いましたよ。

お次はステアリングカバー。

ア イ

これ、ヤフオクでいいのねぇかなって探してたときに見つけた代物。
自分で編みあげるタイプで、お値段3980円(送料別)。
これいいじゃんってな具合に軽々しい気持ちでゲット。
が、泣きました。
きれいに編み上げるのは、かなり難しいですわ。
途中で糸を継げないため、長~い糸で編むんやけど、これがまた色んなとこに引っ掛かったり、よれてダマになったり。
いらんとこで括れてしまうとまた最初っからやり直し。
何回途中でブチ切れそうになったことか。
で半日ほどかけて編んだが、それも気に入らず、別の日に仕切り直しでこれまた半日かけて編み上げた。
付いてきた糸は黒だったが、赤の方がカッコ良さそうなんで、裁縫屋さんで赤の糸を買ってきたのだが、予想以上に太くて丈夫できれいな発色の糸ってないのね。
でも、苦労した甲斐あって、なかなかの出来上がり。
ってか、これまた自画自賛ではあるが、超お気に入り。
ちなみにこれを見た職場の友人が俺も俺もって。
こつが分ってきたんで2時間くらいできれいに編み込めるようになった。
すると今度はそいつの息子が「僕も」って(笑
でも買ってはみたけど途中で断念ってなヤツいっぱいいると思うわ。
不器用なヤツとか短気なヤツは絶対ダメ。
一応サイズ・カラーともにオーダー出来ます。
欲しい人はここ

で、最後にヘッドライトとグリル。

ケ ク

ついにHIDバルブに付け替えました。
友人や行きつけの車屋さんには「もうノーマルには戻れへんで」と言われてましたが、ホンマにその通りで、よう見えますわ。
車検ギリの8000ケルビン(もしかしたら車検アウトかも)で、光軸も上げ気味なんで対向車はちと眩しいかも。
田舎道をハイビームで走った日にゃもうアンタ、昼間のような明るさ!
ってのはちょっと大袈裟か。
でもほんと、よう見えますわ。
で、バルブ交換するのにフロントバンパーを外さんとあかんかったんで、ついでにラジエーターを塗装。
グリルから見えるラジエーターのアルミ色が前々から気に入らなかった。
簡単にマスキングして耐熱スプレーを吹き付けただけで終了。
近いうちにエキスパンドメタルのネットを黒に塗って、グリルの裏側から貼りつけて、ノーマルを使っての完全オリジナルにしようと思っている。

ここでお小遣い切れで第2次改造終了。
ほんとは、エブリィバンでは誰も着けてない交換式のウィンカーミラーも装着したかったのだが、これがまた高いのだ。
工賃込みで3万円くらいしまんねん。
あと、車高ももう少し下げたい。
今もRSRのダウンサスを入れてるのだが、あと数センチは下げたいんで車高調を買うかどうか迷っている。
ただあんまり下げるとフェンダーの耳を叩かなくてはタイヤがすってしまうんでねー。
フェンダーの耳いじるってのもおおごとやなぁ。
まぁしばらくはこれで満足して走ろっと。
また年明けにでも考えたらええわ。
・・・・・・・あ、俺自分の年忘れてたわ(笑








別窓 | 愛車改造日記 | コメント:0 | トラックバック:0
BACK | XtaSEA World |