毒ガス警報発令中!!
DA17V エブリィ 久々のカスタマイズ
2018-06-12 Tue 10:10
久々の更新、愛車改造ネタです。
IMGP0989.jpg

まずはタイヤとホイル。
以前、17インチ・扁平35のタイヤ(台湾メーカー&メイドイン支那・笑)の悲惨な末路をエントリー(こちら)しましたが、一般公道でこのタイヤはやはりキツイということで諦め。
だってね、道路沿いのコンビニとかの店舗のパーキングなんか、殆どNG.
90度の角度で進入できればどおってことないが、少しでも斜めから入ったら、タイヤより先にホイルのリムが縁石に接触。
ゆえにホイルはガリ傷だらけ。
っちゅうことで、泣く泣く16インチ、165の扁平40にインチダウン。
まぁ、タイヤは得体のしれないアジアンメーカーからヨコハマのDNAにグレードアップしたんで、走行中の安心感はグッとましたが。
ホイルはロクサーニのマルチフォルケッタをチョイス。
値が激安な割に、まぁまぁマシな見栄えで、マルゼンで一番人気というのも頷ける。
ただ、リムのポリッシュが俺らしくないとかいう周りからのツッコミが続出している。
IMGP1002.jpg
IMGP0996.jpg

お次はウィンカーミラー。
今までポジション点灯で光っていたホワイトライトバーを、アクセサリー(ナビ等)に結線しなおしてデイライトにしたというカスタマイズっちゅうにはあまりのもちゃっちいチェンジ。
デイライトとは言っても、最近のアウディなどの外車やレクサスなんかの超高輝度のデイライトに比べれば、屁のツッパリにもならん明るさで、晴れてる日中はほとんど目立たず、早朝や曇天・雨天、薄暮に視認できる程度。

続いて今回のエントリーのメインのカスタマイズはヘッドライト。
毎度お世話になってるREIZさんから新たに売り出されたライトバー入りプロジェクタータイプのヘッドライトにユニットごとズボyと交換。
これもポジション用につけられてるカプラーを無視して、デイライトにすべくアクセサリーに無理くり結線。
インナーも黒で顔つきがコロっと別人のように。
お馴染みの、ジジイの下らん自己顕示欲、ここに極まれりって感じ。
ただ・・・、ただバーナーがHIDでもLEDでもない、ハロゲン球、しかも自然色。
オシャレであか抜けた商品がほとんどのREIZさんが、ここ外す~~??
それもH4バルブが使えなくて、今どきって感じのH7・・・。
現在バーナーはいろいろ試行錯誤をかさねて検討中。
いろんなバーナー試すたびにバンパーまで取り外さなければいけないのがちと苦痛ではあるが。

そして軽バンのくせに、なんとシーケンシャル・ウィンカー!
そう、メルセデスやアウディ、新型ハリヤーなみの流れるウィンカー。
ちょっとでもほかの車に見せたろ思って(実はだーれも見てない)、今までギリギリまで出さなかったウィンカーを早く出すようになった(笑

ってことで、ジジィならでは自己顕示欲の化身となったDA17Vエブリィバン、いかがでしょうか。
カーショップやドレスアップ工房のデモカーを別にすると、なかなかいい線いってると思うんすけどね。
しかし、まさかこんな車から62歳のツルっぱげのクソジジィが降りてくるとは誰も思わんやろな(笑
IMGP0999.jpg
IMGP0990.jpg
IMGP0991.jpg
IMGP0992.jpg













スポンサーサイト
別窓 | 愛車改造日記 | コメント:0 | トラックバック:0
こんなんなってもうた
2017-11-25 Sat 16:29
一昨日の朝、出勤しようと車を出すと、何やら左後方のタイヤハウスでコトコト音がした。
何か挟んだか?変なもんが引っ付いてしもたか?
5分ほど走ったが、こりゃあ尋常ではないなと国道筋のスーパーの駐車場に。
車を降りて左後方のタイヤを見て目を疑った。
なんじゃこりゃ!
IMGP0923.jpg  IMGP0924.jpg
さすがメーカーが台湾で作ってるんはシナ。
これ、高速走行中やったら死んでるな・・・(汗
なんか2~3日前からコトコトいうてたけどノーチェック。
まさか、こないなことになってたとは。

取り敢えずは早めやけどスタッドレスに付け替え。
で、17インチの扁平35、あっさり諦めました。
来春から16もしくは15にインチダウンすることにします。
タイヤも値が張ってもやっぱり国産に。
世界一のブリジストンは高いとしても、ヨコハマなら信用出来て手ごろ。
勿論、南朝鮮製や台湾製よりは高いが信頼度が違うわな。

ここを訪れて下さる、奇特な皆さんも気を付けて下さい。
特に足回りに違和感感じたら、即チェックを!







別窓 | 愛車改造日記 | トラックバック:0
DA17V エブリィ ALL LED化!
2017-01-04 Wed 16:34
別エントリーで物議を醸していた、社外HID、2年足らずでバーナーが切れました。
コメント欄にて迷惑だとかいろいろ非難をもらい、またこちらも大人げなく反撃しておりましたが、HIDをやめて、LEDのヘッドライトにしたんで、不毛な論議戦はやめます。

で、今回購入したのは光商事が販売している、32チップ、両目で12,800ルーメンのもの。
一応H4型式では一番明るい数値だったが、それでも先日まで生きていた55W8000KのHIDに比べれば全然眩しくない。
2年間のHID使用で結構リフレクターが焼けていたんで、その関係もあるかも。
色温度も5500ケルビンで黄色くもなく青くも無くで普通に白い。
カッコ的にはOK範囲。

HIDに比べれば大人しいかもだが、ハロゲンよりは明るく見やすい。
これで照明類、ポジション・全ウィンカー・テールランプ・バックランプ・ハイマウントストップランプ・ライセンスランプ・ルームライトそしてヘッドライトとすべてLED化。
スパッと点いて、スパッと消えるってのがいいですね。

なんとも頼りなさげな貧弱なバルブ
0001.jpg

0003.jpg

あの貧弱なバルブからこれだけの輝度が!
0005.jpg










別窓 | 愛車改造日記 | コメント:0 | トラックバック:0
DA17Vエブリィ カスタマイズ日記 最終形!
2016-05-15 Sun 19:36
久々の車ネタです。
こんなクソジジィの下らないブログにも、日によっては百数十人の方が訪れてくれていて、本当にありがたい限りですわ。
で、そのほとんどが、DA17Vエブリィで検索された方だと思われますが、今回のエントリーで残念ながら最後・・・ではないにしても当分新ネタでアップできないんじゃないかと思う。
納車前からチマチマと1年3ヶ月かけてやってきた改造だが、これで一段落。
目標完遂で一応俺なりの最終形。

ウィンカーミラー装着!
納車前から待ち焦がれたパーツがウィンカーミラー。
納車時にオプションでDA17W(ワゴン)のそれをつけることも考えたが、そこは目立ちたがりのジジィ、普通のをつけてもつまらない。
で、前車・64Vの時もつけていたライトバーポジションがREIZさんから絶対出るだろうと、オプションは我慢。
で、やっと先日ミラーカバーとウィンカーキットがセットで発売された。
ここでまたまたジジィ特有の変な自己顕示欲がムラムラと。
普通のオーナーならばここは当然車体色のZJ3を選ぶところ。
が、変態ジジィは、フィアットやミニ、国産でもチョコチョコお目見えしだした、ボディーとミラーのツートンに着目。
レクサスやベルファイアなどの重厚感ある車だったら絶対にこんな遊びしないが、所詮は軽バン。
カジュアルな改造もアリかなと考えた。
何よりも大好きなキーワード『日本に一台!』が頭に渦巻いた。
えーい、いてまえ!と。
ということで、ミラーカバーを赤に塗ってしまいました。
ワゴンRリミティッドの赤にしようか、それともいっそフェラーリレッド??
が、自分が最近の車で一番キレイな赤と思ったスズキのアルトのピュアレッド(ZUZ)をチョイス。
黒(ZJ3)のカバーを買うと、下手すりゃ赤がキレイに乗らないかもってんで、シルバーメタを購入。
白や未塗装は入荷までかなりかかるとのことで諦め。
若干の紆余曲折を経て、一昨日上がってまいりました。

では画像公開です。

WM01.jpg

WM02.jpg

結構目立ちます。っていうか、とって付けたみたいで浮いてる??
でも自分では、想像通りでとても気に入ってますよ。

WM03.jpg

見づらいかもですが、このレンズの中に見える上下の細くて白い棒がポジション点灯で白く発光します。
結構な輝度です。

WM04.jpg
メーカー発表の画像はこちら
WM07.jpg

ウィンカーも6発の高輝度LEDで明るいッス。

WM05.jpg

更にはキーレス連動のウェルカムランプ(フットランプ)もついていて、足元明るく便利です。

WM06.jpg

WM08.jpg

さてさて、冒頭でも書きましたがこれで自分なりの最終形です。
ってか、もう全然お金ないし(笑
ちょっとこの一年、調子に乗ってお金かけすぎましたよ。
今回のカスタマイズにかかった費用は、50,400円です。
内訳は、キットとカバーのセットが24,800円で送料が800円。
塗装が10,800円で、取り付け工賃が14,000円でした。

真似しないで・・・なんて全然思いません。
むしろ、DA17VやDA64Vのカスタム大好きなオーナーさんに、ドンドン真似してもらえれば最高に嬉しいっすねぇ。
つっても、ほとんどの人はこんな暴挙には出ないだろうけどね。
もし、万が一このブログ見て、真似したよって方おられましたら、是非ともコメント下さいね。
エブリィのオフ会もいっぺん行きたいなぁ。
誰か呼んでもらえませんか??

別窓 | 愛車改造日記 | コメント:2 | トラックバック:0
DA17V カスタマイズ日記 走る風俗待合室www
2015-11-14 Sat 11:38
けっこうお高めのシートカバー、装着しました。
メーカーは大阪にあるCLAZZIOさん。
他社とは一線を画す、重厚な作りが受けてるようで、国内のみならず外国でも売れてるみたいだ。
で、ここのカスタムオーダーってやつで、シートの配色を好きに選べる商品を購入。
車全体で黒×赤がコンセプトなんで、当然シートも同配色で。
俺の自己顕示欲からいくと、勿論メインカラーは赤。
なんと納期は入金後2ヶ月以上!

9月初旬にオーダーして、やっとこさ先日納品されました。
知り合いからも聞いてたし、YouTubeでも見てたんで、自分で装着するのはハナから無理と分かっていた。
ちなみにオートバックスでは、このメーカーのシートカバーの装着工賃は1脚5,400円!!
あまりやりたくない仕事なんで客に諦めて欲しいんかい!と勘ぐってしまいそうなベラボーな値である。
で、いつもカスタマイズでお世話になってる行きつけのカーピットにお願い。
3日の猶予をくれということだったが、意外とすんなり装着できて1日で完了。

で、出来上がった車を見て一言。
もしかして、やっちゃった?
えれぇ派手っつーか、下品?
メーカーのサイトでのシミュレーションではさほどではなかったのだが、実物を見ると…。
装着してくれたチーフエンジニアも一言、
「なんやヤラシイ部屋みたいww」って。
翌日愛車を見た友人・知人からは
「走るラブホや」
「まるで風俗店の待合室やん」と散々の酷評。
それに対しこれっぽっちも異論を唱えることが出来ない自分がいましたとさ(笑

まぁ、お色のチョイスのセンスの悪さは置いといて。
縫製などはさすがにしっかりしてます。
今回は華子のおもらしやウンチの残渣がつくことも想定して合皮に。
ですが見た目は、本革に近い、どっしり、しっとりとした感じ。
手触りはやっぱりどこまで行っても合皮ですがね。
フィッティングは市販のそれらと比べると抜群です。
また、先日付け替えたモモの赤×黒のステアリングとのマッチングもバッチリ!!・・・と自負しております。

ま、確かにやっちゃった感は否めませんが、俺の特異な自己顕示欲からすれば、全然「ええ感じ」ですわ。
お値段は税込み44,000円。
工賃が1脚4,000円×4脚で税込み16,000円。
合計6万、1脚15,000円のぜいたく品となってしまいました。
クソジジィの与太な能書きはここらにしといて、あとは画像にてお披露目です。

Clazzio 4

Clazzio 5

Clazzio 1

Clazzio 2

Clazzio 3

Clazzio 6

Clazzio 7








別窓 | 愛車改造日記 | コメント:2 | トラックバック:0
DA17V 念願の間欠調整機能
2015-08-23 Sun 13:08
今回はワイパーのスイッチレバー交換というとても地味~な改造記事ですが、俺にとっては先代車からの念願でした。
まぁ、改造というよりは流用ってやつですかね。
きっかけはまたもやこの方の記事からでした。

先代のエブリィに乗り換える前は日産テラノとシーマに乗ってたんですが、これらには勿論ワイパーの間欠に調整のダイヤルがあったんですが、エブリィにはこの調整が無かったんですね。
30年ほど前からは常にガラコのような液体ワイパーをまめに塗ってたんで、雨降りでもほとんど間欠しか使わなかったんですわ。
で、エブリィに乗り換えた時に最初に思ったんが、「間欠間隔短すぎ!」でした。
友人に言わせれば、軽の商用車にそこまでは求めすぎとのこと。
確かに。
で、もう完全に諦めてましたよ。
そこに、上のあのお方の記事でしょ。
もう、即座に飛びつきました。
と言っても、この方と違い、またまたすべて他力本願(笑
部品はヤフオクで中古と考えたのですが、信頼できるモノが無く、新品をトヨタに発注。
この、トヨタの純正部品がスズキの軽に流用できるというのがスゴイし、それを見つけるってのが何とも、もう。

into.jpg
この画像のちょうど真ん中あたりにあるINT TIMEというダイヤルがついてるだけで、雨の日のドライブが、もう全然違いますね。
この流用、はっきりと断言はできませんが、他社の車にもいける可能性が大だと思います。
こんなこしゃいパーツをトヨタがわざわざ独自で作ってるとは思えません。
ってことは外注品ですから、他のメーカーもここに頼んでることが十分に考えられますよね。
俺のいる職場でも3つの工場でありとあらゆるプラスティック製品を作ってるが、トヨタにもダイハツにもスズキにもホンダにも納品してるもんね。

俺が今までアップしてきた改造記事は、自分の好みと自己顕示欲のみで改造してきたんで、決して他のオーナーさんに薦めたりはしませんが、このワイパースイッチの交換だけは是非ともお薦めします。
新品部品を取り寄せて、車屋さんに取り付けてもらっても8千円台ですむと思います。
上記リンクの記事のほうを見てもらえれば、ご自分での取り付けも簡単なようです。
エブリィ以外の車にお乗りの方も、この調整がついてない方は一度調べてみては?






別窓 | 愛車改造日記 | コメント:2 | トラックバック:0
DA17V ステアリング交換
2015-08-14 Fri 15:12
多くのドライバーたちがしているステアリングカバー、あの太~くなっちゃうやつ、あれがどうしてもイヤなもんで、前の愛車DA64Vの時から自分で編むタイプの革製のハンドルカバーをしていたのだが・・・。
前車の時はけっこう上手に編めて気に入ってたんですわ。
DA64S.jpg

DA64S2.jpg
こんな感じでした。
自分で編み込んだ割にはきれいな出来でしょ?・・・と自画自賛(笑
休日の半日以上を費やしての悪戦苦闘でしたが、友人たちにはけっこう絶賛されました。
で、今回の新車購入時にも、ということで若干色のコンビネーションを変えて発注。
ところが、この色を変えたってのが失敗。
64V時の黒のところも赤に、そして下を逆に黒にしたのですが、赤の面積を多くしたのがいけなかったようですわ。

DSCN0038.jpg
分かります??
ダメダメなのが。
色のコントラストも悪いし、それよりもシワが目立ち過ぎ!
赤の部分は、染めているせいか革がごわごわと硬く、黒ではそうならなかったのに赤では編み込んでいくにしたがってシワが入り出すんです。
3回やり直したが、それでもこの体たらく。
で、完璧主義という欠点を持つ俺のこと、社外のステアリングに付け替えることを決意。
で、いつもお世話になってるREIZさんから出てるステアリングに替えることに。
下の画像以外にも色があって、全5色。
img_85c.jpg

img_85b.jpg

ところが、どう熟考しても決めきれない。
というより、どれにも飛びつけない。
つまりどれを選んでも妥協が必要ってことですわ。
それでもどれかを選ばなきゃと思ってる時に、以前ドアノブやレールカバーの付け替えで参考にさせてもらったDA17Vのオーナーさんのブログを見たら、あらまぁ、MOMOステに変わっちゃってるじゃありませんか!
エアバック付き純正ステアリングからモモステに交換!!
で、1日考えて、エアバックを諦めて取り外すことに。
まぁ、あの不細工なエアバックがあるとどんなにいい色のステアリングつけたところで興ざめってのはあったんですがね。
最近はエアバックのあるなしで保険料が変わるってこともないようで。

まずはボス。
このお方が品番を書いてくれてるんで、ヤフオクで検索して一番安い業者から購入。
同じ商品がいろんな業者から出品されてる場合は、消費税や送料のあるなしで、即落価格が高くても結果的にはどこよりも安くなる場合があるので、電卓片手によくよく吟味することをお勧めします。
で、次にステアリング。
MOMOのほかにもNARDI(ナルディ)、ITALVOLANTI(イタルボランテ)の公式サイトでお気に入りを探す。
ナルディはどちらかというと、クラシカルで大人しい目。
イタルボランテは・・・・・た、高い!

で、やっぱりここはありきたりと言われようが、上記オーナーさんと同じくMOMOを。
車体が黒と赤というコンセプトでカスタマイズしてるんで、ここは迷いなく一発解答でCOMMAND 2/C-64の赤をチョイス。
ヤフオクで検索してみると、メーカー希望小売価格よりも1万2千円ほど安い。
勿論新品未使用で。
どんだけ~(笑
工賃とボス合わせても定価に届かないって。
で、さっそく取り付けちゃいました。

MOMO1.jpg

MOMO2.jpg

いくらターボのフルタイム4WDとはいえ、エブリィの商用車でどこのサーキット走んねん!って感じでしょ?(笑
もう、まん丸じゃないのがスゴイ。
で、色使いだけで選んだんですが、実際に乗ってみると、さすがに世界のトップブランド。
運転しやすいんですよ、これが。
最近の革張りステアリングって縫い目ないんすね。
縫い目を中に入れ込む技術ってのがあるらしいです。
余談だが、RR(ロールスロイス)にもその職人さんが二人しかいないらしくて、それもお爺さんとお婆さんという高齢者らしい。
技術の伝承が出来てるんかどうか心配してしまう。
とは言っても、あと千年生きれたとしても、RRなんて乗れる可能性ゼロですが(笑

さてお次は涼しくなったら、シートカバーを考えようかと思っております。
レカロ?
高いんで無理っす!
それにアームレスト無くなっちゃうし(笑
Clazzio(クラッツィオ)さんで、3万円代でオーダーできるみたいです。
もちろん赤×黒で。











別窓 | 愛車改造日記 | コメント:0 | トラックバック:0
DA17V ドラレコ+α装着
2015-08-08 Sat 10:20
まぁ長年無事故を続けているわけですが、事故だけは、だから今日もあしたも大丈夫なんてことはないわけで。
で、先日の北海道の一家5人死傷事故のように信号をちゃんと守っていても、どこからDQNがかっ飛んでくるかわからんご時世だし。
ちゃんと文句が言えればいいけど、物言えぬ状況になった時にはねぇ。
ってことで、行きつけの車屋さんの薦めもあって、ドライブレコーダー、略してドラレコを着けることに。
ってことで、得意のヤフオクにて探索開始。

見つけたのはコレ。
タイヤ空気圧センサー付きドライブレコーダー
ペラッペラの扁平35のタイヤでしょ?
いつもいつも空気圧を気にしながら走ってたんで、この商品見て飛びつきましたよ。
空気圧センサーだけでも2万ほどするんで、ドラレコついて2万3千円ほどなら、えらいお得感。

電源はシガーライターだから、自分でも簡単に取り付けられちゃうんですが、そこはこだわりジジィ。
前のピラーの内貼りパネルってんですか?
これを外し、シガーライター用の端子も取っ払って、ナビの結線から電源直どり。
これで見た目スッキリ!
偉そうに書いてるが、勿論、車屋さんで(笑

DR4.jpg
外から見たら、吸盤が大きく若干ブサイクか。

DR1.jpg
最初だけで、慣れれば全然邪魔にはなりません。

DR3.jpg


で、こちらが空気圧センサーのモニター。
台湾製なんで、映し出される数値がイマイチ信用できないか?(笑
DR2.jpg

しかし、すごいですねー。
ホイルの空気注入口のキャップが若干大きくなって、いささかブサイクですが、それでもあんな小さなパーツから通信取れるんですねぇ。
DR6.jpg

DR5.jpg

キャップのでかさに、ホイルバランスや空気抵抗が変わってまうんちゃうかと心配しましたが、走行中そういった違和感は全然感じませんでした。
もちろんこのセンサーのほうは、頑張って数値を送り続けてくれなくては困りますが、ドラレコのほうはつけといて良かった!なんて事態にはならないで欲しいところです。

次回はステアリング交換です。
あ、またまたリコールもかかっちゃいました。
このあいだは音響関係でしたが、今回はリヤシートのラッチの不具合だとか。
が、しかしラッチの交換ではなく、シートごとのズボ替え。
では今から交換作業に行ってきますか。



別窓 | 愛車改造日記 | コメント:0 | トラックバック:0
DA17V やむなく8ミリUp(泣
2015-06-21 Sun 20:22
前エントリーで書いたように、68ミリダウンを敢行したわけでありますが、前輪がタイヤハウスに干渉。
頻度はと言うと、通勤路一往復(23キロ程度)で2~3回、タイヤがタイヤハウスをこする音がする。
えらいもんで、たった一週間、その程度の回数でもプラスティックのタイヤハウスカバーに穴が開いてしまった。
で、カバーのすぐ上は鉄板。
タイヤハウスの干渉部分だけを切り取り、水が回らないように柔らかい材質でカバーするという案もあったが、これでNGとなった。
なぜなら、フェンダーの鉄板なんかくりぬいた日にゃ、剛性がメチャクチャになってしまいそうだ。
前輪部分のボディーの剛性の低下なんか、コワくてよう走らんですわ。

で、やむなく前輪のみ8ミリアップ。
60ミリダウンに調整。
後輪は68ミリダウンのままだが、その程度の差では、後ろのほうが低くなったりはしない。
この調整でもルーフのラインは後ろにいくにしたがって上がっている。
これ逆に後ろのほうが低くなるとめっちゃカッコ悪い。

さらには減衰力調整を4輪とも一番硬く。
減衰ニュートラルでは柔らかすぎて、タイヤが跳ね上がり易かったのだ。
これで様子を見ることにしたが、もうこれで大丈夫と、まったく根拠のない自信があった。
で、先ほどテスト走行から帰ってまいりました。

まずは必ず毎日干渉音が聞こえてた通勤路。
ほんでそのまま、第二阪奈から阪神高速へと乗り換え、高速テスト。
北浜で降り、一般道の25号線をゆっくりでもなく平均速度60ほどで走行。

結果は一回も干渉音が聞こえず!
その根拠のない自信通りになった。
もしかしたら、8ミリ上げなくても、減衰調整だけでうまくいったかも。
しかし、8ミリでも干渉の可能性は低くなるからまぁいいか。
一番大事な見た目もほとんど変わらない。
これでヒヤヒヤしながら走らなくて済むわ。

以下が調整し直した画像ですが、前エントリーで載せた画像とほとんど変わらず、同じような写真の羅列となっちゃいました。
REIZさんのウィンカーミラーは残してるものの、これでカスタマイズは一段落です。
次はお金を貯めて、内装に力を入れていきたいと思います。

DA17V-h.jpg

DA17V-i.jpg

DA17V-j.jpg

DA17V-k.jpg

ね、ほとんど変わらんでしょ?












別窓 | 愛車改造日記 | コメント:2 | トラックバック:0
エブリィ DA17V ローダウン完了!
2015-06-14 Sun 16:08

DA17V-c.jpg

DA17V-e.jpg

DA17V-d.jpg

DA17V-b.jpg

DA17V-a.jpg


ついに念願のローダウン相成りました!
とは言っても一筋縄ではいかないところもございまして・・・。

ほんのひと月ほど前に、RS-Rさんから待ち焦がれた車高調が発売されました。
が、DA17Vの専用設計パーツではなく、ワゴン・DA17W用の車高調です。
うまい具合に2WD及び4WDが同時発売です。
どうせメーカーに互換性を問い合わせたところで、保証問題とかいろいろあって、確答は得られないと思い見切り発車で購入を決意。
諸元表を見比べてみると車重や荷室の広さなどは違うが、一応最上級グレードなんで、ワゴンとの互換性はバッチリだろうとたかをくくり発注。
ところが、部材切れのため出荷停止状態。
発売即売れまくり??
約2週間待ち。
しょぼいレベルの紆余曲折が始まったか?

因みに購入はYahoo!ショッピングの中のパーツ屋さんから。
お値段は送料無料の119,880円。
直販が税込み159,840円なんで、25%オフ。
工賃が浮きました。
あと、ローダウン時に発生するボディーの偏りを調整するためのラテラルロッドも同時に購入。
なぜかこちらも1.5~2か月待ち。
が、ともに6月初旬に行きつけの車屋さんに届いた。
なんのこっちゃ(笑

で、代車や仕事の都合で11~12日に装着及び調整。
メーカー発表の諸元
最大調整幅は前後ともに四駆用はマイナス70ミリまで。
ところが実際には最高に落として、マイナス68ミリ程度。
もちろんやり過ぎジジィこと俺のこと。
車屋さんもよく理解していて、68ミリダウン。

第一印象はというと、
「おおお!いかついじゃん!でも、ちょっとヤバくね?」
そうです、前輪のタイヤハウスとの間が・・・。
テスト走行の時点でギャップを踏むとジャッと干渉(泣
かと言って、メーカーの推奨車高、55ミリはちと物足りない。
で、しばらくこのまま様子をみることに。
走行中干渉がきつすぎてタイヤがバーストてなことになったら命にかかわるが、そこは余命がたいして残っていないジジィ、まぁいいかってな感じ(笑
DA17V-g.jpg

で、昨日奈良から大阪市内までの中距離ドライブに。
高速道路でも一度だけ、緩やかなギャップで速度が出てたため干渉音が聞こえた。
あとは帰りの国道163号線で2度ほど干渉。
前のタイヤハウスをひっぺがすかどうかも検討中だが、雨降りを考えるといささか乱暴か。
なんせ、タイヤが掻き上げた水が足回りやボディーの中、エンジン部分にかかってしまう。
ここはもう少し走って様子を見て、あまりにも干渉頻度が高いようだったら、泣く泣くではあるが10ミリほど上げようか?

しかし、落としてみると不思議なことに車体が小さく見えた。
落とす前は前モデルよりも一回り大きいんじゃね?とか感じてたのだが。
乗り心地はというと・・・・・いいはずがない!(笑
が、超ショートストロークの、小刻みな揺れがいかにもローダウンって感じで個人的には好きですね。

ついでに、やっとこさ出た抵抗を使い、フロントウィンカーをLEDに交換。
これで前後とも光り物部分はすべてクリアになりました。
黒の車体にクリアレンズは精悍な感じです。
っていうか、ウィンカーの鏡面に反射する、球のオレンジ色がどーしても許せんかったんですわ。

ところで、最近訪問者の数が以前に比べ一桁多くなった。
多分グーグルの画像集のリンクや検索ワードで迷い込んで来て頂いてると思うのだが、更新のモチベーションにもなるし、ホントありがたいことです。
ただ気にしすぎて、下らないエントリーを次々アップしてもしょーもないんで、あくまでもマイペースを維持したいと思いますんで、そこんとこはなにとぞヨロシクお願い致しますわ。
で、コメント欄にも自分もDA17V買ったってコメントが多いんですが、DA17V及びDA64Vのオーナーさんにはこれだけはお薦めします。
それはオールLEDのテールランプです。
ま、もちろん個々の好みがあるんで、是非ともとはいいませんが、夜間がきれいです。
DA17V-f.jpg

製作はREIZ(ライツ)さん。
ですが直販よりはヤフオクのほうがだいぶ安いです。
探し方は、
ヤフオク→自動車→パーツ→DA17V(もしくはDA64V)で検索。
クリアだけでなく、赤レンズやスモークレンズもあります。

さあ、これで目指すカスタマイズはあと一つとなりました。
ホワイトバーポジ付きウィンカーミラーです。
ワゴン用のウィンカーミラーも考えましたが、やっぱり旧華子号につけてたホワイトバーがお気に入りなんで、気長に待つことにします。

しかし、還暦のジジィが乗る車じゃねぇな・・・。




別窓 | 愛車改造日記 | コメント:0 | トラックバック:0
| XtaSEA World | NEXT