毒ガス警報発令中!!
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
I Love Hip Hop 元気が欲しい時こそ、この一曲
2010-06-20 Sun 21:37
相変わらず体調も悪りぃし、ここんとこネガティブなネタでのエントリーばっかしやし、ちょこっと元気が欲しいっすね。
ってことでこの一曲。
前回、今回とソフトコアなアーチストが続きますが、今夜は韻がどーたらとかいうよりも勢い一番!って感じの選曲ですわ。
なんか歌詞は一昔前のニューミュージックかフォークソングみたいやけど、姉妹ユニットSoulheadのタフな歌声に元気をもらえます。
ライブビデオを見ると二人ともヤンキーねーちゃんって感じで、別嬪さんとは言い難いですが、二人とも魅力的ですよ。
歌も上手い方だと思います。
まぁ、ヒップホップというよりも、ヒップホップやR&B、ソウルなどのエッセンスをふりかけたダンサブルなポップスという感じの曲です。
クラブで踊ってみたい曲でもあります。
が、ジジィにクラブは無理なんで、今度カラオケ行く機会があったら是非チャレンジしてみたいね。
多分高い声が出ず途中でメゲるやろうけど(笑

でも、いい曲でっせ!



スポンサーサイト
別窓 | club XtaSEA | コメント:0 | トラックバック:0
闇金奨励法?な改正貸金業法完全施行(カムアウトあり)
2010-06-18 Fri 23:01
wallpaper01_s.jpg



多重債務で人生を灰色に変えてしもた俺でも、これはうーーーん?と考えてまう法改正やな。
こりゃもう、どう考えてもヤミ金融とか090金融とか言われる非合法な貸金業者を増殖させる法律やで。
前エントリーでも暴力団のシノギの話をしたが、また増えるじゃん、シノギ。
ヤミ金が増えれば、当然借り手も増えるっちゅうこっちゃな。
で、至極当りまえに悲惨なシチュエーションも多く発生する。
日本一有名なヤミ金屋の萬田銀次郎みたいな筋の通った人情深い金貸しなんて一人もおりまへんで。

ただ、改悪かどうかと問われると考え込んでまうなぁ。
これ以上借金にあえぐ人を増やさないためには何某かの法整備は必要やろうし、今後は新たな借り入れに限っては利息も低くなるよう。
収入証明書や配偶者の同意等、安易に借金しないようハードルを微妙に高くもしてあるようや。
まぁ、新たに借金しようと思ってる人にはええんかもしれんが、問題は今すでにどっぷりと借金地獄に首まで浸かってる人やなぁ。
いわゆる、返済のために他方で借り入れしてる自転車操業者や。
この人たちは今回高くなったハードルを飛び越えられんかったら、もうヤミ金しかないわな。
ほな、どないな法律がええねん?と聞かれると俺にもさっぱり分らん。

だが、借金まみれやった俺でも、こういった多重債務者やヤミ金債務者を「被害者」と呼ぶのには違和感がある。
っつうか大反対である。
誰しも初めて借金するときは、絶対に返すつもりで借りる。
心の中では、数枚から数十枚の万券を渡してくれる業者を神のように崇め奉る。
初めての時は面を上げられないほど恥ずかしい思いに駆られる。
が、人間の慣れとはいつでもいかなるカテゴリーにおいても恐ろしいもので、すぐにズブくなる。
で、返せなくなると、最初の感謝などすっかり忘れて、きつい督促・催促をする金融屋を鬼呼ばわりする。
債務者が知らん間に被害者に変わっている。
「サラ金被害者の会」とか「ヤミ金被害者の会」には99%被害者などいない。
いるのは単なる債務者だけ。
欲に目がくらんでマルチにハマった奴が、思い通りに儲からず被害者面するのとなんら変わりない。
俺のような大人しいカタギだって、絶対に返しますと借用書まで書いた奴がシカト決め込んだら、ドアをドッカンドッカン蹴飛ばし、「ワレ、こらぁ、出てこんかい!」となる。
ほんで被害者やなんて言われたら、立つ瀬ないで、ホンマに。

TVなんかでも、債務者の勝手な言い分聞いてたら、こいつら自己責任をどう考えてんねん、クソか!と憤ってまうで。
遊びや贅沢のため借金繰り返してる奴らの言い草なんざ、これっぽっちも筋通ってないし。
何度も言うようやけど、俺、多重債務者ね(笑

話を本題に戻そう。
でも、この法改正で零細・中小の貸金業者もしんどなるわなぁ。
貸して、利息払うてもうてナンボの商売やもんなぁ。
で、コワイんは店じまいする業者が、善意の第三者に債権をたたき売ることや。
善意の第三者言うても、債権買うたほうはもう、悪意のかたまりやし(笑
極道やフロント企業、企業舎弟と言われるコワ~イお兄さんやおっちゃんたちの追い込みのスタート。
必然的に夜逃げ者や自殺者も増える。
債務者の中でもまた格差が際立ってくる法改正ちゃうか?

ここでちょっとカムアウト。 
俺は自分の店を存続させたいがため恥を忍んで借金し出した。
ご多聞にもれず鈍感になり、気が付いたら多重債務者になっていた。
店を守るための借金のはずが、その借金をバクチにつぎ込んでいた。
で、普通は自己破産するところだが、俺はその金も無かったんで放っておいた。
異様に高い利息は踏み倒されるリスクを考えてのことやろ?ほんなら堂々と踏み倒したろかいと自分勝手な理論で業者と渡り合った。
電話で督促をかけてくる担当者には
「いつでも来い!逃げも隠れもせん、なんやったら裁判せいや」と盗人猛々しくうそぶいた。
当時失うものは何もなかったんで、そないに強気になれたんやろうなぁ。
差し押さえらる動産も第三債権(給料)もなかった。
が、一度も裁判所から呼び出しもこなかったし、督促状だけで担当者や債権係が訊ねてきたこともなかった。
今では請求書や督促状は一通も届かない。
ただし、身ぎれいになったわけではない。
クレジットカードなんて絶対作れないし、新たな借金も出来ない。
金融上の信用度は今もまったくのゼロ。

ただ、この手の対処法は一切お薦めしない。
多分、相手がみんな損金で処理して諦めてくれたんだろうけど、これはただのラッキーで、いくら開き直っても悲惨な結末が待っている場合も多い。

法律がどう変わろうが、利息が公定歩合並みに低くなろうが、ベストはたったひとつ。
借金しないこと。
欲しいものがあれば貯めて買え。
身の丈に余る遊びや贅沢はするな。

え?お前が言うなって?
ハイ、ごめんなさい。




別窓 | 時事ィの言いたい放題 | コメント:0 | トラックバック:0
お相撲さんの野球賭博
2010-06-17 Thu 23:20
harima01.gif


そない大騒ぎせないかんことか?
いや、俺は真っ黒な仕事をしてたこともあるし、周りには現役極道もリタイア組もたくさんいるし、天の邪鬼だし、俺のロジックなんて社会通念に反することくらいよ~く分った上で書いてはいるんやけどね。

たかが野球賭博じゃねえの。
そんなもん、けいこに名を借りたいじめや暴行の果ての殺人とか確信犯的八百長に比べりゃ、全然屁でもないやん。
だって、誰かを泣かしてるわけじゃねぇもん。
それをさ、協会のお偉いさんつかまえて、鬼の首とったかが如く糾弾してるマスコミのクソ記者ども、あれってなんなの?
おまえら聖人君子の集まりかっての。
「恥ずかしいと思わないんですか?!」なんて叫んでたバカ記者がいたが、おめぇはそんなに正の絨毯の上だけを歩いてきたんかい?
お仕事だから取材はしてもええけど、もっと客観的でプレーンな取材をせいや。
お前らの仕事は自分の主義主張を述べることではなくて、事実をありのまま伝えることやっちゅうねん、アホが。

え?暴力団が絡んでるって?
そりゃ公営以外は九分九厘極道が絡んでるやろな。
そんなもん常識や。
そやけどな、やくざの資金源になってるのが問題やって偉そうに言うてるコメンテーターとかキャスターが仰山いてるけど、よう考えてみ。
暴力団っちゅうんは最上部以外は、一般企業や家庭と同じく必ず要る経費ちゅうんがあるねん。
そう、まずは上納金。
どんなことしてでもある一定の金額はシノギかけなアカンねん。
で、野球賭博や競馬のノミ行為なんかは誰を傷つけるわけでも、泣かすわけでもない、いわばキレイな部類のシノギや。
これで儲からんかってみ?どないなる?
一般人でも生活費が足りんかったら無理くり友人や職場、サラ金とかから借金するやろ?
それと一緒で、あいつらかて無理やりカタギを泣かして金むしり取ろうとするわけや。
月1千万やったら、必ず1千万用意せんと飯食えんわけやからね。
やったら、お金だぶついてるとこからしのいでもうたほうがええやん。
でなかったら不条理に泣かされる善良な民が出てきてしまうっちゅうわけや。
非合法であろうが公営であろうが、バクチにハマって身上(しんしょう)潰すんは自業自得ってやつ。

ここでは敢えて、暴力団とか極道の存在自体の是非には触れないでおく。
それはまた、次の機会に。

で、今回、公表せんちゅうことで申告を募ったようやけど、ありゃ公表せんのと違うて、公表出来まへんのや。
現在理事長以下の理事とか各部長やってる親方連中で身ぎれいな人間が一人もおらんからや。
ま、現在と書いたけど過去にわたりずーーとやろな。
ヤーさんなくしては興業も打てまへんやろ。
タニマチにもそっち方面はぎょうさんいてはる。
当ブログでも先日の相撲ネタで書いたけど、現理事長の元横綱三重の海を実際に韓国へ連れてって女の子もあてごうた元やくざのオッチャンとは、毎日一緒に仕事してる。
そんなもん、極道と関わったことのない力士や親方なんて一人もおらんて。
審判を下す側も蜘蛛の糸にぶら下がってるような心情で今回ことに当ってると思うで。
琴光喜や大嶽親方なんざ、裏金貰ったていのええスケープゴートでしょ。
もっと言えば、以前(だよな)横審で大きな顔をしていたナベツネのおっさんなんかでも、ヤクザを使って厄介事を処理したことなんて一度や二度やないやろう。
みんなキレイごと言うけど、一流企業の経営者や政治家で指定暴力団と縁持ったことのない奴が何人おるかっちゅうたら、まず一人もおらんやろう。
だからぁ、とことん追い詰めなっちゅうの。

ヤクザを美化するわけでは決してないけど、賭博に関しては彼らのほうがずっと人情味アツいで。
胴が取るテラでも公営は2割5分やが、アングラはたいがい1割やで。
競馬場や競輪・競艇場行っても飲み食いはすべて自腹やけど、闇カジノなんかは酒もメシも煙草も全部用意してくれてて、いくら食うても飲んでもタダや。
公営やJRAはケツの毛まで抜いても知らん顔やけど、俺が知ってるホンビキの賭場なんかはスッカラカンのオケラになったら、帰りのタクシー代返してくれるで。
ヤクザが賭博開帳しようがしまいが、生活費や財産つぎ込んで破綻するやつなんかなんぼでもおる。
マジでバカラや高校・プロ野球賭博などの単純なバクチほどオモロいもん。
俺が釘師やってた時のオッサン(経営者)なんか1試合数百万張ってたもんなぁ。
あれって上手にハンデつけよんねん。
シロート衆が負けるようにハンデ考えよんねんな。
ちなみに稀代のハンデ師のなかでもピカイチはあの故・青田昇氏。
脱線も甚だしいな(笑

他によく聞く言葉に「子どもたちに」ってのがあるが、俺にいわせりゃ阿呆かってね。
負の部分、汚い部分に煙幕張って子どもが正常に育つかっての。
純粋培養の人間ほど世の中の役に立たず、むしろ迷惑かけるって。
清も濁も飲んでこそ立派な大人になるんやんけ。
大人のご都合主義的議論で子どもの成長を語るなっちゅうねん。
ほんで文科省の木端役人や大臣、副大臣も「大相撲の存亡の危機」なんて大げさで偉そうなことほざいてんじゃないよ。
お前らだってナンボのもんじゃい。

なんか酔ってて訳分らん文章になったけど、要するにこの程度の問題はそこそこで納めとけって。
うやむや上等だって。
ほんで相撲協会はさ、文科省所管の公益財団法人って看板を返上して、株式会社「大相撲」にしちゃえばいいじゃん。
多くの外国人力士が席巻してる今の相撲界で、国技だ。品格だってのは通用しねぇんじゃないのかい?



別窓 | 時事ィの言いたい放題 | コメント:0 | トラックバック:0
I Love HipHop きのうの事件に思う
2010-06-16 Wed 23:19
今朝の通勤中に知ったこの事件。
headlines.yahoo.co.jp/hhttp://l?a=20100615-00000618-san-soci
とてもじゃないが、最近のJKは凄いねなんて軽口では済ませられん痛々しい事件やね。
事情も何も知らん、一切何の関係も持たない一介のオッサンがしたり顔であーだこーだ言うのはこの上なく憚られるが、ひとつだけ言わせてもらえれば、彼女に想像力というものを植え付けてやれなかった親の育み方の失敗だったと思う。
いつもいつも、何かあると親の所為とかおんなじことばっか書いてごめんなさいね。
でもね、親が娘を本当に大事に、大事つっても猫っ可愛がりという意味じゃなくて、真に大事に思い、幼いころからいろんなお話をし、色んな本を与え、想像力や感受性を豊かにさせてあげていたら、こんなにいとも短絡的に人を傷つける子にはなってなかったと思うのよ。
どんなにおとなしくて善良な人にも、憎たらしくて生理的に受け付けなくて、ともすれば殺意を抱くまでのターゲットっていると思うのよ。
でもみんな、暴力的に攻撃すれば未来がどうなるかを想像して踏みとどまることができるのね。
もちろん理性や、人を傷つけることへの嫌悪感や恐怖心もあろうが、普通は先の先を想像するわな。
が、この現実的な想像力が欠落していたり、未発達であったりすると、いとも簡単に暴力的に相手を排除しようと思うんだろうね。
想像力が拙いから、どこからが現実でどこからが妄想か区別出来ないみたいな。
ナイフで深々と刺せば相手はどうなるか、その後自分はどうなるか、家族は、友人は、どうなってしまうのかなんてことに想いを至す想像力がない。
だから紆余曲折など一切なしに、憎い→刺せ!殺せ!となるんじゃないのか?
親が、特に母親がせめて人並みの想像力を持たせるような育て方が出来ていれば、彼女は決して相手が疎ましかろうが、刺さずに済んだのではないだろうか?

子どもを育てたこともないのに偉そうな口叩くなと言われれば、稲穂のように頭(こうべ)を垂れるしかないオッサンだが、こんな俺も本当の意味で親には育てられた。
ヤンチャすればしばかれ殴られたが、次のシーンでは暖かいご飯や団欒があった。
常に本気で会話してくれた。
幼い頃、ベタだが「星の王子様」や「ニルスのふしぎな旅」などの本を与え、何度も何度も読めと言われた。
故郷の4人のジジババにも常に手紙を書かされた。
自分(母親)を苛める舅や姑であってもだ。
そんなこんなで妄想力・空想力・現実的想像力のすべてが身についた(笑
だから心の中に常に半殺しにしたい敵がいても、実際に刺したり割ったり折ったり殺したりってのは一度もなかった。(まぁ、殴ったり引きずり倒したりってのはご愛敬で。)
欲望に負けて刺せば、殺せばどうなるかってのは容易に想像出来るからだ。
風が吹けば桶屋が儲かる的な連鎖式想像力は本当に大事よ、人生を棒に振らないためにもね。
それでも俺が収監されるようなことになるときは、想像力では抑えることの出来ないトンデモないことが自分の身に降りかかったんやろうね。
話を戻すが、この俺の慈悲深く思慮深い(笑)脳内シミュレーションは両親の真摯な子育ての賜物だと胸を張って言える。
若い子が劣化してるんじゃなくて、戦後の、いや団塊世代が親になり始めた頃からじわじわと劣化が進んでいるようだ。
でも、じゃ何が悪いんだって聞かれると、俺もお手上げ。
政治だったり、社会だったり、科学や生活の進歩だったり、教育だったり?
でもね、最低限、家族間に掛け値なしの愛があれば人間、真っ当に育つと俺は思うんだけどなぁ。
どんなに強くて冷血な人間だって決して独りじゃ大きくなれないんだからねぇ。

俺?
親をも見捨て、家族もウザったいからいらねぇと公言する俺なんてカタワみたいなもん。
独りが好きとか言いながら、独りがいかに寂しいかをよく知っている。
本音でぶつかり合うことから逃げ出したら、結果人生の敗北者みたいになっちゃった(笑
成長過程の子たちにこんなさびしさを感じさせたら絶対ダメだって。
マジでクサいこと言うようだけど、家族がみんなで支えあうのが一番幸せですわ。




別に事件とこの曲をこじつけたかったわけではないです。
アヒル口の加藤ミリヤちゃんの、ジジィが大好きな曲です。
この曲、アップと削除を繰り返してるんで、多分この動画も見てる間に削除されると思います。
若い女の子のくせに・・・なんて言うと非常に失礼ですが、けっこうオシャレな韻を踏んでます。
2コーラス目の「信じたい」と「新時代」のライムなんて、思わず「やるなぁ」と感心させられますよ。
韻を踏むことも知らない売れっ子R&Bアーチストたちも、是非とも彼女を見習ってほしいと思います。
本場アメリカのR&Bやヒップホップ、ポップス、ロックすべてオシャレに韻を踏んでますから。
って言っても、聴くほうがそこまでの感性持ってないんで無理か。
っと、また憎まれ口叩いてもうたわ。
だからええ年こいてもロンリージジィなんや。
こんなクソジジィみたいな人生送らなくてもいいように、みなさんホンマに家族は大事にしようね。

別窓 | club XtaSEA | コメント:0 | トラックバック:0
経鼻内視鏡 今回も癌は・・・
2010-06-15 Tue 22:42
ここんとこ、もう体調最悪のXtaジジィですわ。
世間様とは、大きくずれた季節の花粉症。
イネ科の雑草の花粉が暗躍してるらしいが、雑草とはいかにも俺らしい(笑
乱発のくしゃみや鼻かみが例年通り逆流性食道炎を誘発。
加えて、更年期も気温が上がり出した今頃が一番キツイ。
花粉症だけでもただでさえ疲れるのに、ホルモンバランスの悪さからくる倦怠感や疲労感言うたらもう、このままいっそ死ねばええのにと思ってしまうくらい。
さらに今年は扁桃腺まで腫れて痛む始末。
この扁桃腺炎の連動で後頭部や側頭部に鋭い痛みと内耳痛。
俺、なんか悪いことしたんかい?
いや、ヒマさえあれば毒吐いてるけどさ。

腫れたかな、痛み出したかなと思った扁桃腺に違和感を感じてはや10日。
今までは扁桃腺が腫れて喉が痛んでもせいぜい1泊2日程度で、今回のようなんは初めて。
まぁ、年が年なんで若いころとは治癒能力が雲泥の差なんやろ。
が、例によってまた今回も癌恐怖症候群が。
いや、これからしんどい人生続けるより、いっそ癌になって死んでいく方がいいんじゃねぇのとも思っているが、さすがに華子が元気なあいだに俺だけ逝くのも、彼女が不憫やなぁと。
で、ヤキモキ思っても仕方ないんで、本日、仕事帰りに近所の耳鼻咽喉科へ行って参りやした。
数人の医師で小児科や内科もやっていて、超繁盛してる。
かなり待たされて、ようやく診察室に通されると、同年代の優しそうなおっちゃんのお医者さん。

単に扁桃腺が痛いと訴え、ハイじゃぁ抗生物質お出ししましょうなんて診察はご免なんで、ハナっから、「癌やおまへんか?」と吹っかけてみた。
すると、「では詳しく診てみましょう」と鼻に胃カメラの孫みたいな内視鏡を突っ込まれた。
胃カメラに比べりゃいかほどのことよとタカをくくってたが、いざ突っ込まれるとこれがさにあらず。
けっこう気持ち悪いし、苦しい。
あんなもんが食道の入り口なんか干渉してみ?
もう、もどすかと思ったで。
たかだか2分程度の検査やったけど、も一辺やれ言われたら多分尻ごみするね。

結果は単なる炎症・・・・・らしい。
今回も癌は見つからず。
件の周辺の腫瘍は内視鏡で見るとだいたい分かるらしい。
うがい薬と鼻炎の薬、そして無理くり逆流性食道炎のタケプロンという胃酸を抑える薬を処方してもらいクリニックを出た。

こうなるとゲンキンなもんで、診察代や薬代がやけに勿体なく思えてくる。
国保を使って全部で4800円。
これで安心と治療薬を買えれば安いもんと思われるだろう。
まさに不安が払拭される価格としては安いと俺も思う。
しかし、今月は昨月のGWのあおりで超低収入で、どん底的節約生活月なのだ。
(そんなもん知るかい!)
4800円て・・・・・・。
上手に献立組めば弁当含めて1週間から10日は食えるやん(笑
ま、しゃぁないな。
で、神さんはもうちょっと生きろと言うてるようですわ。
この世で修業を積めと。
俺ぁもうアカンで~と思ってたんやけどなぁ。

ほんで、診察室内の待合椅子に通された時、忙しそうに働くうら若きナースの白衣越しの水色のレース付きショーツに目が釘付けになったことは内証ね。
いや、チラ見よりはガン見のほうがジジィらしくていいじゃん(笑
続いて、処方箋持ち込んだ薬局でのこと。
説明をしてくれた薬剤師さんがノーメイクに近いくせに深津絵里さんにクリソツな知的美人で、その超クールな応対に被虐嗜好の俺が「もう数分こんな態度取られたら、おっ勃ってまうで!」と思っちまったのはさらに内証ね。
photo_01.jpg

え?汚らしいジジィは早よう逝ねってか?
へ、ごもっともで。





別窓 | 徒然エクスタシー日記 | コメント:0 | トラックバック:0
| XtaSEA World | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。