毒ガス警報発令中!!
Mixer ゲット&つ、ついに!第2弾
2011-09-28 Wed 18:08
中古のSL-1200MK3Dを2台、ヤフオクで手に入れ、DJブースの捻出にも成功した俺は続いてミキサーをゲットしやしたよ。
ミキサーでこだわる点は、唯一クロスフェーダーカーブの調整が出来るか否かだけ。
まぁ、昔もVESTAX使ってたんで、出来ればとは思っていたんですが、はからずもそのVESTAXの結構レアでプロユースの、スクラッチャー御用達の超ド定番ミキサーをヤフオクで落札。
これ、俺にとっては奇跡に近い、そんな代物。
0520pro20III20sl.jpg

出品者の言を信じると、開封後殆ど未使用らしい。
発売当初6万5千円前後したらしいのだが、落札価格は1万9千円。
それも終了が夕方だったため、仕事中知らん間に落ちていた。
なんか、縁を感じたね。
スクラッチ用のミキサーで、クロスフェーダーは切れ切れっ!
サンプラーやエフェクターもついてるが、使いこなせるまでには数カ月かかるんじゃねーの?
スクラッチ用であったってクロスをセンターにして縦フェーダーでMIXすれば、ハウスのロングMIXも全然大丈夫だし、理想的なミキサーを安価で手に入れられたんで、ひそかにほくそ笑んでます。
宝の持ち腐れにならぬよう、気張って使いこなさんと。
え?今?もちろん200%くらい宝の持ち腐れ(笑
009.jpg





そして、「つ、ついに買ってしまった!」の第2弾!
そうです、ついにDVSの心臓とも言うべきインターフェースと、頭脳であるソフトを手に入れました。
DVSを目指した当初からScratch Liveは諦めておりました。
買い求めたのはTRAKTOR Scratch Duo 2
お値段の割に高音質で、コントロールレコードのタイムコードも他社比2倍の正確さ。
やっぱ、やることが出来て且つ安い!ってのはかなり魅力。
とか偉そうなこと言っても、俺の耳が全然ついていけてないけど(笑
上のランクにTraktor Scratch Pro 2ってのがあるけど、これとかScratch LiveのSL3とかSL4とか、もう全然必要無し。
押し入れDJにはそれこそ超宝の持ち腐れ(笑

ずっと参考にさせてもらってたDJ機器専門のサイトがあって、名古屋のお店だったんで、休みの日に華子さんを乗せてひとっ走り。
大阪のアメ村にも専門店があったのだが、サイトの内容や文章にスタッフの人柄が出てたんで名古屋のほうをチョイス。
距離は名古屋のほうがあるんで燃油代はかかるが、高速代はずっと安いし、行ってじっくり話し込んで買い物して帰ってで5時間はお得感たっぷり。
お隣ではあるが大阪行って、駐車場に車停めて、アメ村うろうろして、では5時間ではとても無理。
で、名古屋へ行って大正解。
HPどおりの気さくで親切な管理人さんにいろいろ教えてもらい、欲しいものをゲット。
関西人らしくかなり強引にサービスしてもらいましたわ。
よーすけさん、無理言ってごめんなさい。
もしDJに興味あるひとがこのエントリー読んでたら、是非このお店に相談して下さい。
予算に合わせたベストチョイスをしてくれると思います。

翌週の休日、朝からインストール&セッティング。
なにせジジィゆえ、たっぷりと時間がある時でないと。
電気関係は弱いが、AV機器の結線とかは大好きで、チョチョイで完了。
まぁ男ならみんなチョチョイだろうけど。
唯一の心配事項のインストールもガイドブック首っ引きで無事終了。

セッティングもすべて終え、さてソフトに音源をダウンロード。
Aタンテのコントロール・ヴァイナルに針を落とす。
さぁ緊張の一瞬。
ん?出ねえ。
ぐぁー、ここにきて、っつーより、いきなり壁にぶち当たったか?

馬鹿です。
フェーダーは0だし、クロスフェーダーもBに。
関西人やから言うて、こないなとこでボケかまさんかてええっちゅうねん。
気を取り直し、フェーダーを上げると・・・・。
ちゃんと音が出てくれましたよ。
感動もんでっせ、もう。
レコードに針を落とすと音楽がなり、針を上げると音が止む。
一見普通だけど、なんせこのレコードには音楽など一切録音されてないのだ。
なのに昔やってたDJプレイと寸分たがわぬことが出来ている。
昔と違うのはレコードを替える作業がなくなり、PCをいじる作業が増えたこと。
これも名古屋のオタレコさんで仕入れた安価の小型のアンプ内蔵スピーカーも充分いい音を出している。
ただ、俺のPC(DELLのINSPIRON1545)のスペックというかポテンシャルに問題があるのか、たまに音がスキッピングを起こすんで、まだまだノンストレスとはいかないようだ。
ま、これに関してはいろいろ努力してみて、駄目ならPCの改造か、もしくは新しいTraktor専用のPCを購入するかですな。

カートリッジはSHUREのスクラッチ用のM44-7。
二つで約一万とお手頃価格。
ここんとこコレ関連でウダウダ書いてきたが、やっとこさすべて揃いました。
かかった費用は約12万!
これって安いんだか、お高い趣味なんだか。
でも、いっぱしの機材並べてこれならかなりお安いようだ。
ただ、こいつら一銭の金も生まねぇし(笑

前にも書いたが、宝の持ち腐れにならぬよう、また、ジジィDJのテクをYouTubeにアップ出来るよう、さぁ頑張って練習するべ。

a.jpg
還暦カウントダウン中のジジィにしては中々ファンキーな部屋っしょ?

b.jpg
国粋主義者らしく壁紙のかわりにシュールな日の丸。
押入れもペイントしたいんだけど、さすがに賃貸ではねぇ。

c.jpg
オタレコさんに無理言ってサービスしてもらったスリップマット。
粉噴いて非常に美味しそうでキキそうなアレのデザイン。
プレイするたんびにフラッシュバック?(笑

d.jpg
これぞデジタル・ヴァイナル・システムの頭脳部。





DJ機器は絶対ここやで!

スポンサーサイト
別窓 | club XtaSEA | コメント:0 | トラックバック:0
DJブースはなんと・・・・
2011-09-16 Fri 23:38
DJデビューする訳でもないのに、機材を揃えるのに必死になっているジジィですが、お金のかかる各機器よりも悩ましい問題が一件。
それはブースをどこに作るかという場所の問題と、頑強なテーブル。

おっさん一人とワンコ一匹に2LDKはお釣りが来そうなもんだが、いざ実際機材を並べて遊ぼうとなると中々ねぇ。
DVS(デジタル・ヴァイナル・システム)やるぞ~!と決心したときには場所なんざなんとでもなると思ってたのだが、現実的には結構厳しい。
キッチンDJか?
ベッドルームDJか?(笑

で、少々のことではビクともしない頑丈なテーブルも必要。
スクラッチした時や、クロスフェーダー動かすたんびにグラグラするようでは話にならない。
ほんで、DVSの場合パソコン置く場所も必要やし、タッチパッドでカーソル動かすことが出来ない俺の場合、マウスを動かすスペースも必要になって来る。
25年前に自分の美容室をオープンした時は、業者に頼んで真っ黒なDJブースを数十万で作ってもらったが、今回はそんなもんは夢のまた夢。
第一、そんなもん置いた日にゃぁターンテーブルの上に茶碗や皿置いて飯食わなあかんがな(笑
ネットで探してみると1万数千円から、はてはVESTAXが売ってる重~いDJテーブル四万円前後まで。
家具屋さん行ったらもっと高いかも。

で、まぁずーと頭を悩ませてたんですが、ある朝まどろみの中で閃いたんですわ。
よく漫画で頭の上に電球が点る、あんな感じでね。
モノを動かしたりして場所を捻出せんでもよくて、さらにはテーブルの問題も一挙にクリア。
なおかつ基本的には一銭もかからない手があったんですわ。
それが押し入れ。
寝間の、布団敷いてある反対側に一畳程度の大きな押し入れがあるんですが、そない大したもんは入ってない。
押し入れの襖を二枚ともはずしてみると、そりゃもう嬉しくなりましたね。
モノを動かすよりも押し入れの中のモノを整理して移す方が数倍楽です。
で、ちょうどプレイし易い所に梁がある。
据え付けの梁だから揺れる心配は一切なし。
畳一枚分あるんで、PCもインターフェースもごちゃごちゃした配線も、すべて余裕。
別にホームパーティーする訳じゃないし、誰も訪ねてこないからかっこ悪いなんて思いもしないし。
逆に、俺ってなんて頭がええんやろと自画自賛(笑
からっぽになった押し入れにSL-1200MK3Dを2台置いて悦に入ってます。

さてお次はミキサーをゲットしましょうかね。
このミキサーはメーカーや機種があり過ぎて、逆に悩ましい。
と思ってたら、とんでもないものが・・・。


別窓 | club XtaSEA | コメント:0 | トラックバック:0
つ、ついに買ってしまった!SL1200
2011-09-06 Tue 22:59
先日ヤフオクで落としたオモチャのPCDJコントローラーで、寝ていた子を完全に目覚めさせ、心に火がついてしまったジジィです。
困ったもんだ、金もねぇのに。
前々回のエントリーでいろいろ紹介したPCDJのコントローラーは頭の堅い年寄りにはつまらなく思えましてね。
で、やっぱりアナログのタンテ触りたいんで、DVS(デジタル・バイナル・システム)を目指すことにしました。

まぁ、急ぐ旅でもないし、ゆっくりと揃えて行けばいいとは思ったものの、そこは持ち前のガキ的思考回路の持ち主。
欲しいと思ったら居ても立ってもいられず、日夜頭の中はそればっか。
まったく、食費や酒代を10円20円レベルで節約してる奴とは思えまへんで。
何度も言うが、本当に自分で自分のことを困ったジジィだと嘆いている。

で、何から手をつけるか。
ってやっぱり一番迷わなくていい、っていうか、もうこれしかアカンよねっていうターンテーブルから。
ミキサーやスピーカーと違い、どう足掻いても妥協できない、代用では済まされないターンテーブル。
そう、世界中のクラブやディスコに設置され、エキスパートやプロからアマまですべてのDJに愛され続けているテクニクスのSL-1200シリーズ。
アイウェア(サングラス)はオークリー以外は考えられないのと同じくらい、MIXINGのタンテはSL1200でしょ!って感じですか。
なんせハルヒもSL1200っすから(笑
 ↓
7753999_m.jpg


落札にこぎつけるまで負け続けること数十件。
が、ラッキーにもかなりの美品を、その負け続けた数十件で一番安く買えましたよ。
その額2台で送料・梱包費込みでジャスト4万円。
当時新品2台で15万前後だったから、まぁまぁですか。
ミキサーもスピーカーもまだなんで、レコードも乗せてないから何とも評価出来ないけど、通電・初期動作はOK。
まぁ、頑丈なターンテーブルなんで大丈夫でしょう。

SL-1200.jpg
え?絵が横向いてるって?
いやいや、MIXやってる人の多くはこうやって横向きに置くんですな。
スクラッチやつなぎのときにアームが邪魔にならないし、コンパクトに置けますから。

あとはカートリッジとスリップマットを買えばタンテは完璧。
カートリッジは安価でも針飛びの少ないSHUREのM44GかM44-7でええかな。
安価と言っても2個買わんといかんので1万は飛ぶ。
でも音云々は今回考えなくてもいいんでしょうな。
なんせ、DVSの場合、針が読みとるのはタイムコードですからね。

スリップマットというのは不織布で出来た、タンテの上、レコードの下に敷く直径12インチのマットです。
これが無いとスクラッチが出来ないばかりか、つなぎも快適に出来まへん。
テクニクスのロゴ入りが一般的で、よく見かけますがちょっといいデザインのスリップマットを見つけました。
20623-sum.jpg とかp939-sum.jpg とか。

でもプレイするたんびにコレ見て、欲しくなるっちゅうのも困りもんやな(爆


さぁこれで中途半端に後戻りは出来まへんな。
お金は頑張って残業すればなんとかなるだろうし。
さてお次はDJミキサーとスピーカー。
まぁこれらはターンテーブルほどはこだわらなくてもいいからね。
が、押さえておきたいポイントはいくつかある。
またゲットしたらアップしますわ。
ただ今、定番中のド定番のベスタックスのVestax PMC-05 Proに入札中。
きっとまた負けるんやろうなぁ。
そん時ゃ、NUMARKのX-6新品を行きますか。



今回はDVSで3人のDMCチャンプがガッツリとscratch!ってな動画をどうぞ。







別窓 | club XtaSEA | コメント:0 | トラックバック:0
| XtaSEA World |