毒ガス警報発令中!!
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
嘘のような波
2013-06-29 Sat 19:01
昨日、一年ぶりにホームグラウンドである伊勢の国府の浜に行ってきました。
夜9時ビールの力を借りて無理くり就寝。
起床午前1時半、シャワーを浴びて華子を積んで、即出発。
寝る前に押し込んだ2本のビールがまだ残ってそうで、けっこう体調ヤバめ。
伊勢自動車道で夜明けを迎えるが、雨土砂降り…。
まったく、この年でこのパターンで海行くか?ホンマ、アホでっせ。

着いたころには雨は止んでいたが、曇天。
ま、これはこれで助かった。
昔は大好きだった紫外線も、老いぼれには禁物。
なんせ焼けるとその夜から数日はしんどい。
大事なカメラを忘れたんで、波画像は今回無し。
ま、記録するほどの・・・、ね。

しかし風が良くなかった。
早朝はほとんど吹かんやろうと踏んでた東風がけっこう強い。
波チェックに行ったら、案の定面がクチャクチャのどチョッピー。
サイズはヒザからモモ、セットでコシ程度か。
まぁせっかく高速飛ばして来たんだからと、貧乏根性丸出しで、華子に留守番をお願いして6時入水。

全然ダメ・・・。
波乗りになってねぇっす。
大嫌いで大の苦手なチョッピーコンデションとか今年初の海とかを差っ引いてもまったくダメ。
パドリングは安定してねぇし、ドルフィンでは押し返される。
テイクオフのタイミングはつかめねぇし、いざ板が滑り出しても思い通りのスタンスで立てない。
へんなとこに足置くもんだからすぐにワイプアウト。
究極の自己嫌悪に苛まれながら2時間それを繰り返す。
ウェットはシーガルをチョイスしたが、強風で腕から体温が逃げて行く感じ。
周りを見渡すと6月末の割りにはけっこうフルが多い。
うーーん、うらやますい。

指先がしびれてきたし、いくら頑張ってもたいしてマシにもならないんで8時に撤収。
身体が憶えてるから出来る、まだまだこなせると思ってた俺が馬鹿でした。
老いるということはこういう事なんだな。
しかし、潔さを信条とする俺も、ことサーフィンに関してはいさぎ悪い。
ここはもう一度パドルやスタンドアップの基本練習から、昔にちょっとでも近づくように頑張ってトレに励みますよ。
かならずリベンジしてやるからな、待ってろよ伊勢(なんのこっちゃ)


で話題は変りまして。
拙ブログで昔紹介させて頂いたポロロッカ
そう、あのアマゾンのケタはずれの逆流。
満月と新月の日、つまり大潮の日に出現する奇跡の波。
またまたゴキゲンな動画がアップされてたんで埋め込んどきます。
しっかし、すげえいい波ですな~。
川底なんて海底と違ってだろうから、こんなパーフェクトブレイクなんてとてもとても考えづらいんですがね。
チューブまで巻いちゃってますよ。
ただ、川面や水の色が・・・。
藻かなんかで水面がツートンになっちゃってるし。
たとえスキルがあったとしても、やっぱ俺には無理!



で、偶然見つけちゃったのが以下の動画なんですが、中国の川?
なんかシルバードラゴンとかってカッコいい名前ついちゃってますが、水には毒入ってません?(笑
でも、やっぱり大きな国だからこういう嘘のような不思議な川もあるんすねぇ。
ただ、南米アマゾンと違い、そんなに強いスウェルが届くような海に面してましたっけ?中国って。
こちらもパーフェクトブレイクです。




で、最後はこれ。
Wavegarden。
文字通りお庭でサーフィンしちゃおうと。
まぁ、お庭っつっても、湖とか池に造波装置沈めて、思い通りのブレイクを作っちゃうという、とてつもなくスケールのドデカイお話。
スペインのどっか山の中の湖で始まったとかいうこのプロジェクト、日本にも来ませんかねぇ。
琵琶湖とか淀川あたりで(笑
もっとも、出来たって激混みで、俺のような老いぼれジジィなんか入れてももらえんでしょうが。
でも、実現したら、カクテル照明で24時間営業、入れ替え制で、なんてね。
興味ある方はWEB SITEで
Wavegarden(Topに動画が埋め込まれてます)





でもね、俺思うんですよ。
思いのほか波が無かったりとか、天気や風が悪かったりとか、他のサーファーとトラブルになったり巻き込まれたりとか、憂鬱なロケーションが多々あったとしても、やっぱ波乗りは海でしょ。
いや、これはこれでいいと思うし、大歓迎ですよ。
海の無い国や地域でもサーフィンが楽しめるんだもの。
俺だってこんな、ストレスを全く感じることがない周期でやってくるマシンウェイブに乗ってみたい。
スキルアップには最高でしょうね。
でもこれだけをやって、それでサーフィンだというのとはちょっと違うと思う。
ストレスも危険も、ともすれば命のやり取りまでしてやっとサーフィンじゃないですかねぇ。
上手く表現出来んが。

それとね、最後のウェイブガーデンは別として、上2つのサーフィンはこれ、金かかるっしょねぇ。
ハワイやバリ行ってサーフしてる方が絶対安いって。
インドネシアのポイントを豪華なクルーザーで巡るボートトリップに、例え一人で借り切って出かけたとしてもその方が数段安いと思うぞ。
だって、この川でやる波乗りって、体一つで出来ないもん。
チョモランマ登頂と一緒でけっこうな人数のサポート要りそう。
で、最終プルアウトしたときには、もう元のテイクオフしたとこにはパドリングじゃ戻れないじゃん。
そこでまたピックアップしてくれるスタッフとか、ジェットスキー運ぶトレーラーとか要るんだよね?
水とかはすんげぇ汚なそうだけど、その実途方もない金持ちか、強靭なスポンサー持ってるトッププロしか無理っしょ。

ま、俺があと100年200年生きてても、まったく関係ないブレイクだわな。
いやぁしかし、やっぱ地球が広いわ。




スポンサーサイト
別窓 | サーフィンDEエクスタシー | コメント:0 | トラックバック:0
人生間違ったかな、やっぱ
2013-06-22 Sat 18:09
とか思うわけですよ、こんな動画見たらね。



いや、こんなガキの頃からハワイでサーフィンしたかったなんてぇ思っちゃいませんよ。
プロになりたかったわけでも、コンペティション・サーファーになりたかったわけでもありませんしね。
ラディカルに波を切り刻みたいとも思ってないし、ましてや大波に乗りたいわけでも、これっぽっちもござんせん。
サーファーのくせにデカい波嫌いだしね(笑

ただね、この年にはもうリタイヤしててさ、毎日海に浮かんでね、この動画みたいにキッズサーファーたちに囲まれて笑顔満面で来る日も来るにもジャストフィットサイズのファンウェイブに乗りまくるなんて最高の夢ですよ。
日本じゃ冬はもうこの年になると無理だし、インドネシアやバリとかだと一年中クソ暑いし、行けばやっぱりハマっちゃうんだけどなんといっても田舎だしね、まだまだ。
もちろんそれがいいってのも分るんだけど、余生過ごして終(つい)を迎えるんならやっぱハワイっすかねぇ。
波乗りしてる目の前に高層ビル群ってのが安心できるんですよね、この年になると。
物価は高いし、それなりに刺激的な島なんで、散財ばかりだろうけどね。

ま、どっちにしても早々にリタイヤして余生はハワイで波乗り三昧なんて、ちょっとやそっとの勝ち組でも無理やろうね。
ましてや俺みたいな底辺のヨゴレジジィじゃぁね。
リタイヤどころか年金の受給資格も無いし(笑
資産家の親を持ったわけでもないし、株や流行り商売に対する先見の明があったわけでもないし、振り込めや投資詐欺で狡猾に稼げる才能があったわけでもないし。
まぁほとんどの奴らがそうなんだけどさ、才能ないないづくしの俺を恨むよ、まったく。
って、この年になってから泣きごとほざいても遅すぎるって。

でもホント、こんな『とてつもない日常』を謳歌する彼らを見てると、何とも言えないぐらい切なくなってしまうのであります。




別窓 | サーフィンDEエクスタシー | コメント:0 | トラックバック:0
DA64V 改造日記
2013-06-03 Mon 15:31
相も懲りずにしこしこと、愛車エブリィバン-DA64V-の改造にいそしんでおります。
今回は車屋さん、いわゆるプロの手を借りずに、同僚の友人とその息子を引きずり込み、アナログチックでドシロート風改造を施しました。

前々から顔には物足りなさを感じてたんですわ。
納車直後には中央のエンブレムを剥がしてたんで、他のノーマル・エブリィとは微妙に雰囲気は違うのだが、それでも全然物足りない。
かといって社外の全然違うグリル付けるんも、コストが・・・。
また、エアロパーツもいささかガキっぽい。
ということで、お金をかけずにオリジナリティーを出し、且つ走ってるとちと目立つみたいな、ほんとにこしゃい(こしゃい=細かいとか小さいの意味の関西弁)改造を今回はしてみました。

で、こうなりました!
DA64V01.jpg DA64V02.jpg DA64V04.jpg

バンパー一体型のラジエーターグリルの格子のプラスティックを全部切っちゃいました!
そして裏から赤に塗装したエキスパンドメタルを貼りつけただけで、顔がコロっと変わってしまいましたよ。
しかし、文字にするとたった一行ですが、ほぼ1日がかり。
それも、試行錯誤と失敗失敗の繰り返し。
プランはあったものの、蓋を開ければ行き当たりばったり。

まずはエキスパンドメタルを探したのだが、ホームセンターや金物屋では全く売っていない。
楽天のオンラインショップでも、売ってはいるが大きさが全然足りん。
で、ネットで調べて、大阪の中央区にあるエキスパンドやパンチングメタルの専門の会社までひとっ走り。
意外と安いんですよね。
7mm×14mmのマス目で1m×2mが3千円ほど。
材質はアルミ。
ステンレス製のほうが若干重厚感があっていいかなと思ったのだが、フロントグリルには必ずアールがついているので剛性の強いステンは向かないとのこと。
聞くと、カーショップやドレスアップ工房みたいなとこがよく買いに来るらしい。

で、これを中性洗剤3回ほどしつこく洗って、さらにパーツクリーナーで油取り。
ヒモで吊るしてスプレー噴くこと、これまた3回。
上中下と3枚に切り分け、次の工程へ。
これが一番の難敵のグリルの格子。
材質は多分ポリプロピレン(PP)かもしくはABS。
最初は糸のこでという計画だったが、切りカスの粉が大量に出そうだし、第一バンパーがキズだらけになりそう。
純正色の補修塗料は用意してるものの、なんてったってシロートですから。
そこで用意したのがホットナイフ。
ハンダごてのさきがカーッターナイフになってて、熱で溶かしながら切るってシロモノ。

これが大失敗!!!
昔の人は仰った。
下手な考え休むに似たり、と。
マジで布団の中で休みながら思い浮かんだんですけどね(笑
グッドアイデアだと思ったんだけどねぇ。
飛び起きてすぐにググったら、ほ~らあるじゃありませんか。
値段も1500円ほどとお手頃。
これで上手くいきゃあ、切り株にサンドペーパーもかけなくていいかも。

ほんで決行!
でもね、ラジエーターグリルってけっこう複雑な形状なんですよね。
で、ホットナイフの刃の付け根は太いから、溶かしちゃいけないところにも触れる、触れる。
挙句、気付かないうちに一番触れちゃいけない前面中央当たりのバンパーの一部を大きく溶かしてしまった。
もちろんゴボっと凹んで、塗装も剥げて、そこだけ真っ白。
頭も真っ白。
目は限りなく点・・・・・。

その時点で、もう1枚新しくバンパー買う覚悟で開き直りました。
だいたい、俺は現在プラスチックの専門家なんすよね。
えいっと大き目のプラスチックニッパーでゼロカット!(ニッパーの刃を切断面に接着させて切り残しをなくす切り方)
ただし切り痕は・・・・・。
プロショップならグラインダーかサンドペーパーで削った後、パテ打って塗装となるんでしょうが、なんせシロート集団ですから。

ここでグリルバンパーを外すんですが、これまた手間なことこの上なし。
最初はネットをタッピングビスか何かでネジ留めするつもりだったのだが、ネジ打つ場所皆無・・・。
仕方がないんで地面と平行な部分に手作りのL型のステーを取り付け、そのステーの穴とエキスパンドをインシュロックで括りつけてしまった。
うーーん、荒っぽい。
全部で20数本のインシュロックで固定。
劣化を考えると1年後にはまたバンパーを外してみなければ。

あとはバンパーを元通りに取り付け、格子の切り痕に補修塗料を乗せて終了。
工賃がわりに近所のレストランでランチを奢り、お開き。
朝8時開始で、もう夕方ですよ。

年寄りらしくスマートな改造を目指してたつもりなんですが、今回でえらくスポーティーでガキっぽくなってしまった。
ホイルやステアリングのように、黒×赤がコンセプトなんでグリルも赤くしたのだが、こうやって見るとうーーーん、イマイチか?
ま、しばらくはこれで走ってみまっさ。
次回改造予定は8月の車検終了直後です。
今入れてるRS-Rのダウンサスを外して、同じくRS-Rの2000Tiのスーパーダウンサスを装着しようかと思っている。
そのほうが16インチ・ヨンマルのタイヤが映えそう。

ではまた報告させてもらいますわ。



別窓 | 愛車改造日記 | コメント:0 | トラックバック:0
| XtaSEA World |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。