毒ガス警報発令中!!
DA17V やむなく8ミリUp(泣
2015-06-21 Sun 20:22
前エントリーで書いたように、68ミリダウンを敢行したわけでありますが、前輪がタイヤハウスに干渉。
頻度はと言うと、通勤路一往復(23キロ程度)で2~3回、タイヤがタイヤハウスをこする音がする。
えらいもんで、たった一週間、その程度の回数でもプラスティックのタイヤハウスカバーに穴が開いてしまった。
で、カバーのすぐ上は鉄板。
タイヤハウスの干渉部分だけを切り取り、水が回らないように柔らかい材質でカバーするという案もあったが、これでNGとなった。
なぜなら、フェンダーの鉄板なんかくりぬいた日にゃ、剛性がメチャクチャになってしまいそうだ。
前輪部分のボディーの剛性の低下なんか、コワくてよう走らんですわ。

で、やむなく前輪のみ8ミリアップ。
60ミリダウンに調整。
後輪は68ミリダウンのままだが、その程度の差では、後ろのほうが低くなったりはしない。
この調整でもルーフのラインは後ろにいくにしたがって上がっている。
これ逆に後ろのほうが低くなるとめっちゃカッコ悪い。

さらには減衰力調整を4輪とも一番硬く。
減衰ニュートラルでは柔らかすぎて、タイヤが跳ね上がり易かったのだ。
これで様子を見ることにしたが、もうこれで大丈夫と、まったく根拠のない自信があった。
で、先ほどテスト走行から帰ってまいりました。

まずは必ず毎日干渉音が聞こえてた通勤路。
ほんでそのまま、第二阪奈から阪神高速へと乗り換え、高速テスト。
北浜で降り、一般道の25号線をゆっくりでもなく平均速度60ほどで走行。

結果は一回も干渉音が聞こえず!
その根拠のない自信通りになった。
もしかしたら、8ミリ上げなくても、減衰調整だけでうまくいったかも。
しかし、8ミリでも干渉の可能性は低くなるからまぁいいか。
一番大事な見た目もほとんど変わらない。
これでヒヤヒヤしながら走らなくて済むわ。

以下が調整し直した画像ですが、前エントリーで載せた画像とほとんど変わらず、同じような写真の羅列となっちゃいました。
REIZさんのウィンカーミラーは残してるものの、これでカスタマイズは一段落です。
次はお金を貯めて、内装に力を入れていきたいと思います。

DA17V-h.jpg

DA17V-i.jpg

DA17V-j.jpg

DA17V-k.jpg

ね、ほとんど変わらんでしょ?












スポンサーサイト
別窓 | 愛車改造日記 | コメント:2 | トラックバック:0
エブリィ DA17V ローダウン完了!
2015-06-14 Sun 16:08

DA17V-c.jpg

DA17V-e.jpg

DA17V-d.jpg

DA17V-b.jpg

DA17V-a.jpg


ついに念願のローダウン相成りました!
とは言っても一筋縄ではいかないところもございまして・・・。

ほんのひと月ほど前に、RS-Rさんから待ち焦がれた車高調が発売されました。
が、DA17Vの専用設計パーツではなく、ワゴン・DA17W用の車高調です。
うまい具合に2WD及び4WDが同時発売です。
どうせメーカーに互換性を問い合わせたところで、保証問題とかいろいろあって、確答は得られないと思い見切り発車で購入を決意。
諸元表を見比べてみると車重や荷室の広さなどは違うが、一応最上級グレードなんで、ワゴンとの互換性はバッチリだろうとたかをくくり発注。
ところが、部材切れのため出荷停止状態。
発売即売れまくり??
約2週間待ち。
しょぼいレベルの紆余曲折が始まったか?

因みに購入はYahoo!ショッピングの中のパーツ屋さんから。
お値段は送料無料の119,880円。
直販が税込み159,840円なんで、25%オフ。
工賃が浮きました。
あと、ローダウン時に発生するボディーの偏りを調整するためのラテラルロッドも同時に購入。
なぜかこちらも1.5~2か月待ち。
が、ともに6月初旬に行きつけの車屋さんに届いた。
なんのこっちゃ(笑

で、代車や仕事の都合で11~12日に装着及び調整。
メーカー発表の諸元
最大調整幅は前後ともに四駆用はマイナス70ミリまで。
ところが実際には最高に落として、マイナス68ミリ程度。
もちろんやり過ぎジジィこと俺のこと。
車屋さんもよく理解していて、68ミリダウン。

第一印象はというと、
「おおお!いかついじゃん!でも、ちょっとヤバくね?」
そうです、前輪のタイヤハウスとの間が・・・。
テスト走行の時点でギャップを踏むとジャッと干渉(泣
かと言って、メーカーの推奨車高、55ミリはちと物足りない。
で、しばらくこのまま様子をみることに。
走行中干渉がきつすぎてタイヤがバーストてなことになったら命にかかわるが、そこは余命がたいして残っていないジジィ、まぁいいかってな感じ(笑
DA17V-g.jpg

で、昨日奈良から大阪市内までの中距離ドライブに。
高速道路でも一度だけ、緩やかなギャップで速度が出てたため干渉音が聞こえた。
あとは帰りの国道163号線で2度ほど干渉。
前のタイヤハウスをひっぺがすかどうかも検討中だが、雨降りを考えるといささか乱暴か。
なんせ、タイヤが掻き上げた水が足回りやボディーの中、エンジン部分にかかってしまう。
ここはもう少し走って様子を見て、あまりにも干渉頻度が高いようだったら、泣く泣くではあるが10ミリほど上げようか?

しかし、落としてみると不思議なことに車体が小さく見えた。
落とす前は前モデルよりも一回り大きいんじゃね?とか感じてたのだが。
乗り心地はというと・・・・・いいはずがない!(笑
が、超ショートストロークの、小刻みな揺れがいかにもローダウンって感じで個人的には好きですね。

ついでに、やっとこさ出た抵抗を使い、フロントウィンカーをLEDに交換。
これで前後とも光り物部分はすべてクリアになりました。
黒の車体にクリアレンズは精悍な感じです。
っていうか、ウィンカーの鏡面に反射する、球のオレンジ色がどーしても許せんかったんですわ。

ところで、最近訪問者の数が以前に比べ一桁多くなった。
多分グーグルの画像集のリンクや検索ワードで迷い込んで来て頂いてると思うのだが、更新のモチベーションにもなるし、ホントありがたいことです。
ただ気にしすぎて、下らないエントリーを次々アップしてもしょーもないんで、あくまでもマイペースを維持したいと思いますんで、そこんとこはなにとぞヨロシクお願い致しますわ。
で、コメント欄にも自分もDA17V買ったってコメントが多いんですが、DA17V及びDA64Vのオーナーさんにはこれだけはお薦めします。
それはオールLEDのテールランプです。
ま、もちろん個々の好みがあるんで、是非ともとはいいませんが、夜間がきれいです。
DA17V-f.jpg

製作はREIZ(ライツ)さん。
ですが直販よりはヤフオクのほうがだいぶ安いです。
探し方は、
ヤフオク→自動車→パーツ→DA17V(もしくはDA64V)で検索。
クリアだけでなく、赤レンズやスモークレンズもあります。

さあ、これで目指すカスタマイズはあと一つとなりました。
ホワイトバーポジ付きウィンカーミラーです。
ワゴン用のウィンカーミラーも考えましたが、やっぱり旧華子号につけてたホワイトバーがお気に入りなんで、気長に待つことにします。

しかし、還暦のジジィが乗る車じゃねぇな・・・。




別窓 | 愛車改造日記 | コメント:0 | トラックバック:0
| XtaSEA World |