毒ガス警報発令中!!
川でサーフィン? ~pororoca(ポロロッカ)~
2009-02-17 Tue 23:22
たま~に波乗りしてる夢を見る。
それもなぜか海ではなく川。
あり得ない。
さらにあり得ないのは、その川が生まれ育った京都の加茂川上流だったりする。
どこまで呆けた夢見るんだか・・・

ところが、やっぱり地球は広い!
川、それも河口ではなく内陸深くでサーフィン!

俺も静岡は相良ビーチの端の小さな河口の海の部分でなく、川の部分でサーフしたことがあってそのビデオを今でも後生大事にHDDに保存してあるが、そんなんとは砂粒と100カラットのダイヤとの違いの如きです。
え?場所は何処かって?
場所はね、地球最大最後の秘境、アマゾンです!
ま、何はともあれ百聞は一見に如かずということで

大潮の、いわゆる満月や新月の日に河口からスウェル(うねり)が逆流する現象を地元の言葉でポロロカ(pororoca)というらしい。
「はぁ?アマゾンで波乗り」と初めて知ったのは、日産エクストレイルのCM。
で、ある日思い出してYou Tubeで検索してみると、あるわあるわ。

サイズはそうでもないが、動画を見る限るかなりのファンウェイブ。
川底の地形によると思うのだがパーフェクトチューブが延々と続く場面も。
ただ・・・・・・ただ、アマゾン・・・・(汗
まず水の色よ。
赤茶色だよな。
ほんで、アマゾンといえばピラニアワニでしょ。
ワイプアウトで水中に放り込まれた途端、ハワイのリーフとは全然違う意味での命の危機があるんとちゃうの?
無事に岸にたどり着いても、今度はアナコンダとか毒蛇、巨大昆虫とかに襲われるよな。

海でのノーマルなサーフと違い30分ほどライディングすることも可能だそうだ。
確かにこれだけ続けて乗れたらもう、どんなドラッグやセックスよりも数百倍気持ちいいだろうな。
昔、バリで30秒以上レフトの波に乗り続けたことがあったが、それだけでももう夢心地だったわ。
それが桁違いの30分ですぜ。
アップスンとカットバック繰り返すだけだろうがそれでも、きっともう死んでもいいとか思うんやろうな。
でも、でもね、あと100年、いや千年波乗り続けられたとしても、俺は絶対アマゾン川なんかで波乗りせん、もとい、出来んわ。
世の中にはとんでもなつわものも仰山おるなぁ。

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | サーフィンDEエクスタシー | コメント:0 | トラックバック:0
<<まったくこの国の代議士は | XtaSEA World | 相変わらずくだらねぇな>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| XtaSEA World |