毒ガス警報発令中!!
WBC 力でもぎ取ったNo.1!
2009-03-24 Tue 18:04
いや正直言って、今大会はさすがに優勝なんて出来んやろと思ってたんですわ。
大会前から各メディアやスポンサーCMなんかは連覇、連覇って言ってたんやけど、俺は心の中で「そりゃ優勝して欲しいし応援もする。でも無理無理~」ってね。
まぁこれはネガティブおやじの一種の予防線でね、敗退したときの。

しかし、しかし本当に優勝しちゃったよ、侍ジャパン。
連覇なんて簡単に一言で言うとるけど、これって並み大抵のことじゃねえぞ。
オリンピック・水泳平泳ぎ100&200の北島康介の連覇と同じくらいの大偉業だと思うね。
日本5-3韓国

本当にいい試合でしたな。
俺ごときが戦評なんておこがましいし、ゲーム展開は皆さんよーくご存知だから今更あーだこーだは省略しますがね。
でもやっぱ韓国も敗れてなお強しって感じだね。
ただ、スポーツマンシップもリスペクト(この場合尊敬ではなく敬意)もこれっぽっちも持ち合わせていない、恥知らずで盗人猛々しくて、民度の低い韓国メディアや国民が今回のこの結果にどんな難癖を日本につけてくるかは楽しみやね。
前回の第1回大会は確かに韓国のほうが強かった。
昨秋の北京でも強かった。
俺は前回の日本の優勝は棚ボタで運だけで勝ち取ったと思っている。
が、今回は全然違う。
本当に力でもぎ取った優勝だ。
集まった選手や裏方さんたち、そして頼りない首脳陣が一つにまとまって、力を出し切った感がある。
みんな本当によく働いたと思うよ。

MVPは今回も松坂
これには異論はないが、岩隈にも、そして今回限りでジャパンのユニホーム脱ぐ決勝タイムリーのイチローにもやりたい気はする。
しかし、俺の中でのMVPはダントツでヤクルトの青木だ。
誰がいなくてもどこかで敗退していたような皆の活躍だったが、青木がいなければ優勝は絶対無理だったと思う。
我らが阪神タイガースの鳥谷と早稲田大学での同級生だったが、同じ獲るならトリじゃなくて青木にして欲しかったわ(笑
いや冗談じゃぁなく、身体能力や打撃センスは今や青木の方が図抜けている。
大学での記録は鳥谷のほうだったかも知れんがね。
ま、阪神の先見の明のなさは今に始まったこっちゃないけどね。
ただ、タイプじゃないんよね。
青木がタテジマにHTの帽子でプレーしてるとこがどーしてもイメージできん(笑

話が横道に逸れちまった。
でもさ、結果論みたくなっちゃうけど、あの延長10回の日本の攻撃の2アウト2・3塁で迎えるはイチローって場面で、何故韓国ベンチはイチローを歩かせなかったのか。
その前のイチローはすでにイム・チャンヨンからクリーンヒット放ってるじゃん。
俺なら、イム続投ならあそこは余裕で満塁策だね。
今大会のイム・チャンヨンはもう一つ調子が良くなかったみたいやね。
アメリカに来てからの練習試合でも打たれてたみたいやしね。
このまま調子悪い状態でヤクルトに帰ってきてくれたら嬉しいんやけど。

先におこがましいと書いた俺だが、一つだけ苦言を呈したい。
それは小笠原と高代コーチ。
小笠原も大事なところで何度もよく働いてくれたよね。
でもさ、ゲーム前の君が代演奏のときだけはガム噛むの止めろよ。
俺は昔から野球選手のガムに関しては肯定的だよ。
心拍数を平常時のようにして実力が発揮しやすい効果があるもんな。
でも、でもね、国歌演奏のときにモグモグ・クチャクチャ忙しく口を動かしてるのはいかがなものか。
侍の精神からは程遠い行為だし、国歌国旗に対する敬意が微塵も感じられない。
本人たちはそんなつもりはないのだろうが、あのシーンは本当に残念だった。

今の教育者や親達は何とかNo.1を決めずに子供達を育てようとしているが、やっぱりNo.1は尊いし美しいし感動する。
No.1になるためにみんなが目一杯頑張って、力を合わせててね。
教育にとってはいい題材だと思うんだけどねぇ。
いまどきの先生達や親御さんは
「WBCでは日本はナンバーワンになったけど、これは差別につながるんで君達はマネしないように」とかって教えるんやろうか?
やっぱりオンリーワンよりナンバーワンやで!

でも、なんだかんだ言ってもみんな注目してたし盛り上がってたんやねぇ。
なんせあの最強を誇る2ちゃんねるのサーバーが落ちてもうたくらいやし。

はぁ~、断酒中の俺も今宵だけは美味い酒を浴びるように飲もう。
明日の地獄は覚悟の上よ(笑
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 時事ィの言いたい放題 | コメント:0 | トラックバック:0
<<WBC 韓国メディア、仕事早っ!!!(笑 | XtaSEA World | WBC 今回も運は健在>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| XtaSEA World |