毒ガス警報発令中!!
マイケル急死に絶句
2009-06-26 Fri 23:01
多分、今夜更新のブログのテーマでは群を抜いた、ダントツの多さやろね。
きっとYou Tubeのマイケルの動画への世界中からのアクセスもエグいんだろうな。

このニュースを耳にした瞬間絶句した。
と言っても、信じられないとか耳を疑ったとかいう反応ではなく、
「え?そうなん?」とか思いながらも、結構簡単に受け入れていた。
ただ、そのあとジワジワとショックが押し寄せてきた。

ここでわざわざマイケルの偉業や功罪は書かないし、PV等の動画の埋め込みもしない。
が、俺とマイケルのかかわりは深い(モチロン一方的な)
京都でDJやってたときには彼の「Off The Wall」というアルバムにイヤと言うほどお世話になった。
「スリラー」の一枚手前のアルバム。
このアルバムや「スリラー」をプロデュースしたクインシー・ジョーンズや作曲家のロッド・テンパートンはきっと今頃号泣しているだろう。

「スリラー」のPVが音楽業界に与えた影響は計り知れないのだろうが、俺にも多大なる影響と驚愕、感動を与えた。
なんせ、清水の舞台から飛び降りる覚悟で初めて買ったビデオデッキは、まさにこの「スリラー」のビデオを見るためのものだった。
まだ輸入ものしか出てなかったときのこと。
ほとんどの男性がアダルトビデオを見るためにデッキを買った時代に、俺は純粋にマイケルを見るためにビデオを買ったのだ。
ま、その後は人一倍、いや人十倍AVを堪能しましたがね(笑

彼に嫌悪感を感じる人もいるし、アーチストとしての彼には賛否両論あろうが、なんだかんだ言っても俺にとってはやっぱり「キングオブポップ」だし、最高のエンターティナーでパフォーマー。
今もほとんどの曲のPVのDVDは持ってるが、今後も大事にしていきたいね。


俺にとってのマイケルはまさにエクスタシー。
今夜は愛してやまない「Heal The World」を何度も聴き返し酒を煽ろう。
一筋だけ涙を許してもらってね。

月並みと言う言葉とは対極にいた彼に月並みな文句で恐縮だが、心よりご冥福をお祈りします。
そして、最後までセンセーショナルでエキサイティングだった伝説のアーチストのマイケルに乾杯!
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 時事ィの言いたい放題 | コメント:0 | トラックバック:1
<<必殺仕事人 ついに最終話 | XtaSEA World | 東国原vs自民党クソ代議士(笑>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


今回はこの話題に触れないわけにはいかないでしょう。 バッド(紙ジャケット仕様)アーティスト: 出版社/メーカー: SMJ発売日: 2009/07/08メディア: CD 訃報にはいつものセリフで、 つつしんでお悔やみ申し上げます。 もっと他に先に(以下r) それにしても、ムーンウ …
| XtaSEA World |