毒ガス警報発令中!!
’07波乗り日記 10数年ぶりの葛野浜
2007-09-08 Sat 00:04
9月5日(水)快晴後曇り;小潮
京都府・丹後/葛野浜;コシハラ~セット・ムネカタ


4日は朝からいくつもの波情報サイトや各地のライブカメラとにらめっこ
太平洋側は、今回首都圏を席捲した台風9号の影響でクローズ必至
すでにハードなコンディションを伝える動画や画像
ならばと前線からの北東の風で波が出始めた日本海を狙うことに

目指すは京都の丹後半島、小天橋・葛野浜
先の7月2日に、オーバーヘッドにヘタレてパスしたポイント

夜8時半には奈良を出発
阪神-横浜戦を車載で見ながら、京都市内を抜けて9号線~175線~176線~312号線と乗り継ぎ浜詰に着いたのが翌午前1時半
たかだか200キロの距離を5時間もかけて走ってしまった
はぁ~、疲れた~
葛野浜ポイントのドまん前に車を停めて、寝酒のエビス500缶を一気飲みして即寝
夜目にもゆったりと、しかし力強くブレイクしているのが分かる

翌朝5時半起床
起きた瞬間はさすがに「ここはどこ??私はダレ???」状態
も少し早く出て、早く寝ろよな
学習能力なさすぎ

寝惚けまなこに飛び込んできたのは、以下の画像のような分厚く優しそうなコシムネサイズの三角波
早くも10数名のサーファーが波を攻めている
独りにもかかわらず「WAOH!」と呻ってしまった
P1020182.jpg

P1020172.jpg

P1020173.jpg

P1020174.jpg

P1020175.jpg

P1020176.jpg

P1020179.jpg

P1020185.jpg



しかし、若いサーファーに混じって波の取り合いをする気にもなれないし、10数年ぶりに入る緊張感もあって、駐車場正面から50mほど西のブレイクで入ることにした
30代半ばまでは、この正面のピークでブイブイいわせてたんやけどなー
ところがこの選択がエクスタシーをゲットさせてくれましたよ
正面よりもショルダーの張りは若干劣るが、な・なんと貸切状態!
懸念された風も全くなく、面ツル、海面はオイルグラッシー!
P1020180.jpg
一人ゲティングしてますが、僕が着替えてるあいだに彼は、カレントに乗ってはるか北西方向に流されていったので、僕が入るときにはピークには僕独り(笑
P1020178.jpg

P1020186.jpg
セットが入ってないときは、ご覧のようにボヨンボヨン
ポイント特有のバックウォッシュはこの日はありませんでした


1発目のテイクオフで図に乗り、フラフラになるまでアウトとインサイドを行ったり来たり
見た目通り、スピードの出ない波だが、上手く乗り継げば砂浜まで走れる
ゲティングのたびに顔がニヤける

入って3時間半、9時半にいきなり強いオンショア(北東風)が吹きだした
面は見事にガタつきだし、早くもチョッピーの様相を呈してきたので、未練なく撤収

どうもご馳走様でした!
またヨロシクお願いします、日本海!

P1020191.jpg

P1020192.jpg

P1020194.jpg
遅くから入ったサーファーはひどく損した・・・・と、思う一日でした

しかし、3時間半の波乗りに往復10時間かけるて、サーファーってホンマにアホね

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | サーフィンDEエクスタシー | コメント:0 | トラックバック:0
<<’07波乗り日記 伊勢今季一番 | XtaSEA World | ’07波乗り日記 久々伊良湖>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| XtaSEA World |