毒ガス警報発令中!!
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
’07波乗り日記 伊勢今季一番
2007-09-12 Wed 23:24
9月10日(月)快晴→曇り;大潮
伊勢・壊れた水門前P;コシハラ~セット・ムネカタ


もうね、家を出るまで悩みに悩み倒しましたよ
10号のうねりが届いている太平洋へ行くべきか、波が続いてる日本海へ行くべきか
結局リスクの少なそうな伊勢を選んだんですが、これが大・大・大正解!

阪神タイガースの首位キープ、巨人戦3タテを見届けたため非常に遅いスタート
極力出費は避けたかったのだが、睡眠時間を1時間でも多く確保したいため泣く泣く伊勢自動車道を使う
これ、飛ばすから燃費も悪くダブルパーンチ!

翌朝5時半起床
なんか、平日の割にはメチャクチャ車多いんですけど
デジカメ持ってテクテクと波チェック
防波堤を登った次の瞬間、先週の日本海のときと全く同じく、「WAO!」とうなってしまった
ボキャブラリ少な
満潮で水はたっぷり、厚くもパワフルそうな波がアウトでガンガン割れている
P1020196.jpg

P1020197.jpg

P1020198.jpg

P1020200.jpg

P1020201.jpg
ご覧のようにまだサーファー少な目

曇りor雨の予報は見事に外れ、ほぼピーカン
いつもより入念にアップ、ストレッチしていざ入水!
最初のゲティングで4回もドルフィンを強いられたのは今季初
大潮の満潮でアウトが遠かったのもあるが、それだけ波数が多いということで、しんどいというよりもワクワク感満載!

アウトに着いて息つくヒマもなく、ハラオーバーの手ごろな波にアプローチ
ピークには僕一人
板が滑り出した瞬間、緊張とか弛緩とかとはまったく違う、えもいわれぬ感覚が身体を包み込む
ピークよりわずかに左にいたため、バックサイドに走る
ライディングが終わって再度ゲティングするときには、顔がやっぱりにやけていた
イージーなテイクオフの割にはショルダーが張っていた

セットはけっこうサイズもありホレていたしワイドブレイクだったが、手ごろでキレた波でけっこう楽しめた
が、波の命は短くて~♪である
いらん潮の流れが入ったり、風が出てきたり、潮が下げてきたりで入って2時間半、8時半には波はペラペラのグダグダに

あっさり諦め、撤収を決めた
鵜方の先の定食屋でメシ食って、帰るべしと思ってたのだがここでハタと考えた
明日は仕事だが、今日を過ぎると休みの関係で3週間ほど海に来れない
今日は大好きな大潮
うねりはある
一眠りして潮が上がるのを待つべきちゃうの?
夕方絶対ようなるで
今帰っても、帰途間違いなく眠とうなるで
それやったら海戻って寝て、様子見てから帰っても遅うないんちゃう?
よっしゃ、海で寝よ!
この予定変更の決断がまたまた大正解

午後3時前に起きて波チェック
風はオフショア、西南西
まだグッドウェイブとはいえないが、1時間後にはファンウェイブになりそうな予感
しんどい身体に鞭打って再度アップ&ストレッチ
P1020205.jpg
画像は、干潮時に比べたら若干マシにはなったものの、まだまだ本気ではないポイント

予感大的中で数本乗るあいだに大好きなタイプのファンウェイブ
顔なじみの近所のローカル小学1年生(!)と和気藹々と波を取り合いながら(笑)、今季一番のエクスタシーなライディングを数本
僕が上がるのを待ってたかのように、激しい雷雨が

心地よい疲労感とこれ以上ない満足感のなか、伊勢を後にしましたとさ
次回もええ波に当たりますように
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | サーフィンDEエクスタシー | コメント:0 | トラックバック:0
<<’07甲子園日記 うーーん惜敗 | XtaSEA World | ’07波乗り日記 10数年ぶりの葛野浜>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| XtaSEA World |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。