毒ガス警報発令中!!
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
あぁコロラド・・・
2014-01-06 Mon 18:49
taima



新年早々アブなそうなエントリー。

元日、今に始まったこっちゃないが、何故にこうも下らないテレビ番組を垂れ流すのかと辟易。
年末年始の8連休をPCと華子だけを相手に引きこもりを続けてたのだが、気分転換にテレビをつけてみてやっぱり落胆。
まぁ最初からテレビには期待してないんで、落胆ってこともないのだが見る価値などこれっぽっちもないようなクソ番組ばっかり。
あ、例外的に相棒#12の元日SPはおもろかったです。
で、まともに目を向けるんがニュース番組だけなんやけど、そこに飛び込んできたのが以下のようなニュース。
米コロラド州で大麻販売を解禁

普段テレビで左巻きや売国奴的フェミニストたちが外国ではとか、どこどこの国ではというたびに、アホかボケかクソか!よそはよそ、日本は日本、段違いな価値観を一枚の皿に一緒に乗せて議論しようとするそのロジックこそがナンセンスじゃ!とツッコミを入れる俺も、この海外ニュースはちょっと・・・いやいやか~なり羨ましいぞ!
昨年ワシントンとコロラドで大麻使用が合法化されたのは勿論知っていたが、販売までとはねぇ。
で、地元の住人だけじゃなくって、他州の人も買えるんだって。
でも他州の人も自分の州に持ち帰って吸っちゃったらパクられるん???
しかし、いいなぁ。
初日はどこの販売店も長蛇の列だって。
もし、日本が道州制になっててさ、北海道だけは大麻特区で許可しますなーんてことになったら、北海道いきなり金持ちになるで。
東京並みの税収益(笑
俺なんかもう、これのために働いてんのかってなぐらいにせっせと通っちゃうわ、北海道に。

前にも書いたけど、だいたい日本で合法だった大麻を禁止しなさいって言ってきたんは66年前、つまり終戦3年後のアメリカだったんだよね。
そのアメ公が今度は世界に先駆け合法ですか・・・。
厳密に言うと、南米ウルグアイの栽培・販売合法化の方が早くて、世界初ということです。
ちなみに、オランダのアムスでは合法って言いますが、あれも正確に言うと合法化はしてないから。
寛容政策により一部で許可されてるってこと。
まぁそれでもパクられるってことはないんで、これまたかなり羨ましいんやけどね。
アムステルダムだけではなく、イギリスやロシア、オーストラリア、EU諸国と西洋先進国では殆どが大麻に関しては非犯罪という扱い。
ちなみに日本では所持や吸引でも逮捕されるが、大麻のみであればまず起訴されない。
が、勿論前歴はつく。
しばらく拘留されることも覚悟しなければいけない。
当然職場にも知れる。
釈放されるにしてもガラウケ(身柄引受人)の世話にならなきゃいけない。
それら諸々が面倒でうっとおしい。

集団的自衛権やTPP,特定秘密保護法で日本のケツかくんもええけど、大麻取締法撤廃を促してくれよ、アメリカさんよ!
そんときだきゃぁ、内政干渉だなんて文句は言いませんから(笑
大麻取締法という悪法を無くしてくれるなら、憲法9条はそのままでも我慢しますから。
ってのは、まぁ冗談っすけどね。

で、ここでまた大麻がいかに素晴らしい植物かっちゅう大麻絶賛論とか、他のドラッグやら脱法なんとかとどれほど雲泥の差があるかっちゅう大麻擁護論述べ出すとまた延々と明日の朝まで作文しちゃうんで、それはまた次の機会に。
え?いらない?
へい、えらいすんまへん。

ほなまぁ、JUN-GMCのラップとCHEHONのレゲェでもお聴き下され。
あ、CHEHONの「みどり」とは女の子の名前と違いまっせ~。











関連記事
スポンサーサイト
別窓 | どーでもいい話 | コメント:0 | トラックバック:0
<<お袋に花束 | XtaSEA World | 恭賀新年>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| XtaSEA World |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。