毒ガス警報発令中!!
終戦の日 今年も護国神社へ
2016-08-15 Mon 20:35
筆マメ期と筆不精期が定期的にやってくるジジィ。
かまける忙しさもないくせに、ただいま超筆不精期。
先の参院選や都知事選、新内閣組閣等々、ツッコミどころ満載の政治ネタもすべてスルー。
ま、俺みたいな口汚いジジィが書かなくってもってなところ。

いやぁ、しかし一言だけ言わせてもらえれば・・・。
稲田朋美衆議院議員の防衛大臣起用には本当に驚いたが、ジジィにとっては途轍もなく嬉しい人選であった。
拙ブログではだいぶ前から、稲田氏を日本初の女性総理大臣にと書いてきたが、ポスト安倍に一番ふさわしい人材であると思う。
安倍首相もすごい大勝負に出たなとは、組閣発表直後に思ったものである。
何はともあれ、今後の彼女の活躍が楽しみである。
なんせ前の防衛大臣の中谷のおっちゃんが酷かった。
元自衛官のくせに資質(防衛大臣としての)なさすぎ。
国会の質疑応答なんかもう見てられなかったもんな。

で、その稲田朋美氏。
毎年終戦の日には必ず靖国神社へ参拝していたのだが、案の定就任会見で左巻きの記者にソレ聞かれてたな。
彼女は「安倍内閣の一員として適切に」と躱していたが、今回の手法は俺が思うにスマートやったんとちゃうかな。

ほんで、明日から仕事のジジィにも靖国神社参拝は無理だったんで、今年も奈良市にある護国神社へ行ってまいりました。
各都道府県の護国神社は、靖国神社の支所というか支店的なものでしょ。
だから靖国には行きたいけど行けないという時は護国神社を参拝することにしている。
昨年は京都と奈良の護国神社にお参りしたのだが、奈良のほうは俺が行った時間は誰も参拝してなくて、閑散としていた。
今年もひっそりとしていたが、そんなに若くない夫婦一組と、これも中年と呼ぶとちと可哀想な女性が単身で参拝していた。

今現在自分というものが存在し、小さいながら、貧しいながら幸せな人生が歩めているのもすべて、尊い命を賭して日本の将来を守ろうとした素晴らしき御英霊たちのお陰である。
なのに、今の日本人の民度の低さ、体たらくときたら・・・。

中韓からみたら極右タカ派の稲田朋美氏が防衛大臣になったからと言って、好戦的になれと言ってるわけじゃぁない。
不戦の誓いは絶対に守らなければいけない。
ただ自分の国は自分たちの手で守らなければならないという至極当然な理念を持った素晴らしき政治家が、やっと防衛大臣という国の根幹を担う役職に就いてくれたということ。
靖国に集う御英霊たちもほっと胸をなで下ろしてるかも。
だって今までが酷かったもんな。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 徒然エクスタシー日記 | コメント:0 | トラックバック:0
<<ピコ太郎?? | XtaSEA World | ジジィがハマった一曲>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| XtaSEA World |