毒ガス警報発令中!!
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
絶品地蟹大量食い納め
2008-03-15 Sat 21:37
禁漁間際に丹後まで走った、走った

P1020904.jpg
前日、現地の目標のぎさ鮮魚店に電話したところ禁漁は3月21日からとのこと
うひゃー、ぎりぎりじゃん
8時半就寝、明けて朝2時半起床
速攻で入浴、頭を覚まし近所の悪友宅へ
寝ぼけまなこの友人と、彼の嫁はんの作ったおにぎりを積んでいざ出発

京奈和道路で京都城陽へ
そこからは小遣いをすべてカニにぶち込む為、前回とパターンを変えて地道を走ることに
1号線を北上、東寺さんをなめて五条まで
そこから9号線に乗り亀岡を超え175号線との分かれ道まで
ちなみに酒呑童子という鬼の伝説で有名な大江山はここからすぐです
日本随一のチェーン展開を誇るパチ屋のどぐされマルハンの発祥の地・峰山を通過し、やっとの思いで浜詰・夕日ヶ浦に到着
この時点で朝7時半
目標の鮮魚店は8時からなんで、駐車場で待つことに
ほどなく大将が出勤
土曜日はセリがないためのんびり開店らしい
P1020911.jpg
入り口で寒そうにしてるのが大将
P1020910.jpg
間口は狭いが派手な店構え
ここに高価なお宝がわんさと
水槽には間人(タイザ)ガ二と並ぶ超ブランドの津居山ガニしか入っておりません
P1020912.jpg
美味しそうな一夜干し
イカやカレイ、ハタハタなど
ハタハタなんか炙るともう美味いのなんのって
P1020905.jpg
お店の水槽には指落ち(足がすべて揃ってはいない難モノ)がウジャウジャと
足についてる数字がお値段
5.5なら5千5百円、2は2千円
P1020909.jpg
この小ぶりはなんと1パイ千円!
P1020913.jpg
大将に10パイ選んでもらいました
うち大き目3バイを浜茹でにしてもらうことに
1時間半の時間潰しに大好きな葛野浜ポイントでおにぎりを食す
P1020915.jpg

P1020920.jpg
けっこう北風(オンショア)が吹いてクチャクチャのチョッピーコンディションだったが、十数人のサーファーが入っていた
中にはブーツもグローブもつけてないつわものも
春の日差しに騙されそうだが、水は強烈に冷たい
俺はあと1ヵ月半ご遠慮させて頂きます

丹後に来たら必ずここ松栄屋さんに寄らねば
今回はおかみさんお薦めの辛口の吟醸酒・香田をチョイス
1251253.jpg


ブツを車に積み帰路についたが、さすがに土曜日なので午後からは断続的に渋滞
奈良に着いたのは夕方5時前
さぁ~飲むぞ~、食うぞ~
P1020929.jpg
持ち帰ったカニに友人宅で待ってた華子さん、興味津々
上の保冷のカニ7ハイは勿論生きてます
こいつらの顔見てたらプレデター思い出すのは俺だけ?
P1020934.jpg
立派な浜茹で3バイ
さすがの雑食犬・華子も硬い殻になすすべ無し
津居山ブランドの証、青タグと日本海の松葉ガニの特徴の海ヒルのタマゴもバッチリ!

まずはエビスと浜茹でのミソを堪能
P1020938.jpg
くぅ~もう美味すぎ!
これだけでも昨夜からの苦労が報われたって感じだわ
続いて活ガニの甲羅を剥がし、カニミソの甲羅焼き
P1020952.jpg
これ2ハイ分のミソ焼き
もうね、何物にもたとえ難い、奥行きの深い味で、痺れたわ

仕入れて、キンキンに冷やした「香田」(友人の分)をチビチビやりながら鍋を頂くも、途中でダウン
起きた時には無残にも、蟹エキスのたーーーぷり入った雑炊が一口も残ってなかったとさ(泣
今回は10パイで2万5千円というとんでもない値段で食えました

さぁ、11月6日の解禁日まで、しばらく我慢我慢
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 徒然エクスタシー日記 | コメント:0 | トラックバック:0
<<球春 明けましておめでとうございます | XtaSEA World | ニュース拾い読み>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| XtaSEA World |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。