FC2ブログ
毒ガス警報発令中!!
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
昨年を振り返ってみて
2018-01-02 Tue 09:13
ちょっと寒い目のお正月、いかがお過ごしでしょうか?
ジジィはPCと華子だけを相手に引きこもりを楽しんでおります。
勿論、大馬鹿になるしかないような正月特番乱れ打ちの地上波など1秒たりとも見ない。
あ、箱根駅伝だけは別ね。
地上波見て貴重な休息時間失うくらいなら、ネットでDHCシアターの番組、虎ノ門ニュースやニュース女子見てるほうが老い先短い人生ではあってもずっと役に立つわい。
ま、地上波に毒吐くのはテキトーにしといてっと。

タイトルのように昨年を振り返ってみると・・・。
いやぁ、毎年それなりにトンデモ記事を垂れ流す朝日新聞も、昨年は特に酷かったな。
そう、あのモリカケ。
今思い出しても、反吐が出そうな捏造記事の羅列。
誤報ではなく、確信犯的捏造。
阿呆のごとく朝日やNHKに追随した多くのワイドショーや報道番組しか見ない中年・高齢者の情報弱者と違い、賢明なるネット民は今更クソジジィが改めて書かんでも詳細をご存じだろう。
国会の閉会中審査に参考人招致された加戸前愛媛県知事やWGのお歴々がスラっと、何の曇りもない証言をされた。
加戸さんに至っては「安倍首相が白か黒かと問われれば、富士の雪のごとく真っ白」とまで仰った。
にもかかわらず、それらを紙面の記事には一切載せず、書かず、だんまりを決めこんだ。
なにが「報道しない自由」だよ、くそったれ。
挙句、「疑惑は残る」だと。
頭が悪くて、無実の証言が理解できないわけでは決してないであろう朝日新聞。
故に確信犯的捏造と断罪できる。
倒閣のために捏造し、世間の情報弱者が安倍さんや与党の自民党に愛想をつかすことを目的としたキャンペーンを延々と続けた罪は廃刊をもってしても償えまい。

頭が悪いのは、その朝日の尻馬に乗った低脳野党の面々と、ワイドショーや報道番組を垂れ流すメディア。
中には印象操作というか、国民をミスリードするために朝日新聞と同じように、分かってて騒いでる嫌らしいクソもいたろうが、共産党の志位やほかの議員なんてマジでギャースカ言ってたもんなぁ。
頭悪すぎ。
ま、共産党に頭よさそうな奴なんて一人もいないし。
志位だけやのうて、小池晃穀田なんても脳にウジが湧いてるような病的な馬鹿。
また、民進党(当時)の議員もこれまた酷いのが多過ぎ。
獣医師会から献金受けて既得権益守るノルマ与えられてる福山哲郎玉木も口角泡飛ばして追及してたな。
献金やパー券、来年も頼んまっせーてなとこか。
石破も含めこれらをもって「犯罪者」とまくしたてた維新の足立議員のほうが正しいじゃん。

元文科省の事務次官の前川喜平の変態親父に関しては、こりゃもう論評する価値もないわ、こんなクソ・クズ。

で先々月だったかな、長崎の平戸市長の黒田成彦氏
「市長室での朝日新聞の購読止めました」とツイートしたら、やんやの大喝采、賛同の嵐だったそうな。
これにまた小西とか言う民進党の超頭悪い無能が服着て歩いてるような参議院議員が噛みついた。
憐れむほどの馬鹿やのに。
まぁ、正論2月号にて簡単に論破されていたが、難癖の付け方が朝日新聞とそっくり。
市長の独断において云々かんぬんの論調は、サンフランシスコとの姉妹都市解消を決めた吉村市長に向けた朝日新聞のそれと見事にかぶる。
こんな、国会議員のくせに時代の潮流が読めず、真に守るものが何か分かっていない、こんなクズを当選させる千葉県民の民度は・・・ってな話になってまうで、ほんまに。
勘弁して欲しいわ、はぁ~(タメ息

が、こんな朝日にも功績はある。
うーーん、功罪というには、罪があまりにもでかすぎて、相半ばする意味の功罪という言葉は使いたくない。
以下、黄文字は産経新聞ワシントン駐在客員特派員の小森義久氏が、ジジィの愛読書の一つの月刊WiLL1月号に寄稿した記事の抜粋です。
面倒臭そうな長文ですが、お時間に余裕のある方は是非とも読んでみて下さい。

なぜ朝日新聞が日本の宝なのか。
それは日本国民にとっての反面教師の価値が高いからである。
日本が、そして日本国民が、自国の針路や政策について迷ったとき、朝日新聞の社説を一見すればよい。その論調を眺めればよい。そして、そこにある朝日新聞の主張と正反対の道を選べばよい。日本はまず正しい針路をとることができる。
これは冗談ではない。現実に戦後の歴史を見れば、わが日本国は重大な国家の針路で朝日新聞の主張とは正反対の道を選んできた。その結果、国は栄え、平和や自由や独立が保たれたのだ。朝日新聞の求める道を進めば、日本国の破滅にも通じる、大変な事態になっていただろう。
その第一の実例は1951年9月に日本が調印した対日講和条約である。


とまぁ、以下、いかに朝日新聞が日本国繁栄のために真逆のことを言って正しく導いてくれたかが書いてある。
この対日講和条約の時は朝日が勧める単独講和を選ばず、日本は48ヶ国もの自由主義陣営と全面講和選びその後の独立を迅速に成功させたし、60年安保では朝日は激しく反対キャンペーンを張ったが、真逆を選んだおかげで今の平和や繁栄がある。
今なお北朝鮮の脅威に対するミサイル防衛に反対しているらしいから、こりゃ一連のミサイル防衛の更なる強化と充実が急務やってことやね(笑

まぁしかし、あれだけのモリカケ超スペシャル長期キャンペーンをやってなお、先の選挙では自民圧勝。
朝日の世論調査と選挙結果が違いおかしい、とか言って歯ぎしりしてたみたいだけど、もういい加減負けを認めて、どうあがいたって敵いっこないんだから、素直に今までの数々の悪行をあらためて国民全員に詫び、廃刊しなはれ。
廃刊がいやなら、ほんまもんのクオリティペーパーと言われるような、ニュートラルな、ファクトのみを扱う、外国のメディアからも国民からも尊敬される、そんな新聞社になりなはれ。







関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 時事ィの言いたい放題 | コメント:0 | トラックバック:0
<<昨年を振り返って 2 | XtaSEA World | 明けましておめでとうございます>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| XtaSEA World |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。